皮膚に電子回路を形成し、タッチパッドとしても使えるタトゥー DuoSkinをMITとMicrosoft Researchが発表

2016.8.13
2_2D trackpad_img1

MITとMicrosoft Researchが、皮膚に貼り付けることでタッチパッドになったり、NFCを介してデータを飛ばすことが出来るタトゥー DuoSkinを開発・発表しました。

このタトゥー、皮膚の上に貼り付けることで接続したデバイスを操作できるタッチパッドになったり、タトゥー上に配置したLEDを光らせたり、NFCでデータを飛ばしたりすることが出来るというもの。

NFC回路を搭載したタトゥー

NFC回路を搭載したタトゥー

この手のタトゥーの研究は以前から度々話題になっていますが、DuoSkinの完成度はかなり高いのではないかと思います。

LEDを利用し、ファッション感覚で使用できるというのもポイントです。

6_digital skin jewelry

点だけではなく、面で光らせることもできるようです。

5_thermochromic display

回路のデザインはソフトウェアを使用して作成し、導電素材として金箔を貼り付けて必要な回路配置し、最後に水転写シールにして皮膚に貼り付ければ完成です。

DuoSkin_fab

これが実際に市販されるのか、あくまでも研究の一環として終わってしまうのかはわかりませんが、市販されると面白そうな使い道が生まれそうです。

手の甲に光るタトゥーを貼り付けてタブータトゥーごっこも出来ますね・

(via the Next Web)
(source DuoSkin)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top