2017.8.4

今度はアラブで金メッキバージョンのBlackBerry KEYoneが発売

お金持ちはGoldが好きなんですかね、やっぱり。

先日、インドでBLACK EDITTIONが発表されたBlackBerry KEYoneですが、今度はUAE(アラブ首長国連邦)のAxiom Telecomが金ぴかなBlackBerry KEYone SPECIAL EDITION Gold Plateを発表しました。価格は2,999ディルハム(約9万円)で8月20日発売です。

広告

インドのBLACK EDITIONは、TCLではなくOptiemusが製造を担当、RAMが4GB、ストレージが64GBにアップグレードされていました。しかし今回のAxiomのGold Plateはハード的にはまったくのノーマル。単にBlackBerry KEYoneのシルバーフレーム部分に金メッキを施しているだけです。

AxiomはこれまでにもGoldやROSE Goldのメッキを施したiPhoneなど、カスタムバージョンの端末を販売してきており、今回のBlackBerry KEYoneもその流れで作られたもの。つまりインドの場合とは違い、一ショップのカスタムモデルです。

やや成金趣味が過ぎるきらいがありますが、実際にお金持ちの国ですし、これぐらいは大したことがないのかもしれません。

フレーム部分だけでなく、全体を金ぴかにしてK.O.Gバージョンとして発売すれば、日本で刺さる人がいなくもない気がします。

そういえば、この手の金ぴか端末って昔は中国のイメージがありましたが、最近はあまり聞かないですね?

(via PhoneArena)
(source Axiom Telecom)

タグ: , ,

back to top