BlackBerryのQWERTY端末は今後も(パートナー企業のもとで)継続されるとのこと

2016.9.30
BlackBerry

BlackBerryがハードウェアの製造開発から撤退し、パートナー企業へ委託するという発表を行い、ストレートなQWERTY端末、いわゆるBlackBerryタイプの端末はもう出ないのかなぁと思っていたのですが、どうやらまだ望みはありそうです。

BlackBerryのCEO John Chen氏がBNNの取材に答える中で、QWERTY端末の製造もライセンスし、BlackBerryタイプを継続するという趣旨のことを言っているようです。

関係ないけど、このBlackBerry端末が並んでいる場所、行ってみたいなぁ。

もう一つ明るいかもしれない話題としては、BlackBerryの製造がライセンスされるというインドネシアはQWERTY端末が多いという点があります。

2年前の記事ですが、アスキーでは「QWERTY天国」と表現していますね。

ひょっとしたら、これまで以上に魅力的なQWERTY端末が登場するかもしれませんね。

でも、個人的に縦長ディスプレイにQWERTYがくっついているタイプは苦手なんですよね。
横向きのディスプレイにQWERTYがくっついている、伝統的なBlackBerryスタイルが好きです。

(via PhoneArena)
(source BNN)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top