格安SIMのBIGLOBE、月6GB、12GBのプランが3か月間無料となるキャンペーンを実施中

2016.4.4
BIGLOBE

格安SIMを提供しているBIGLOBEが4月1日~5月31日の期間限定で、「ライトSプラン」、「12ギガプラン」の基本使用料が最大3か月無料になるキャンペーンを実施しています。

データ通信は解約料も無料 3か月お試しで使える

BIGLOBEの料金プラン

BIGLOBEに音声プランを含めデータの使用料別に4つのプランがありますが、今回無料となるのは6GBのライトSプラント、12GBの12ギガプランです。音声付きのSIMの場合も音声分を含めた月額基本料が無料となります。

プラン データ容量 データSIM 音声通話SIM
音声通話スタートプラン 1GB 1,512円
エントリープラン 3GB 972円 1,728円
ライトSプラン 6GB 1,566円
0円
2,322円
0円
12ギガプラン 12GB 2,916円
0円
3,672円
0円

申し込み月の翌月を1か月目として2か月目までの基本料を無料にするというキャンペーンで、翌月まで契約が継続していれば申し込み月の基本料も無料になります。申し込み月に解約してしまうと普通に月額基本料が発生するので注意が必要です。

音声通話SIMへの変更は実質無料

データSIMであれば契約解除料も発生しないので、とりあえず速度の確認のためにデータSIMを契約、3か月後に解約という使い方もできます。というか、BIGLOBE自身がその使いかたを提案しています。

通信速度やお手持ちの端末で快適に使えるかどうか不安な方に朗報!
解約時に契約解除料のないデータSIMで、「3カ月間無料でお試し」という使い方も可能です。

もし気に入って継続利用、さらに音声通話SIMに変更するという場合、SIMの種別変更で3,240円(税込)かかるのですが、データSIMから音声通話SIMへ変更すると月額料金から15か月間216円(税込)割り引くというサービスを実施しています。ようするにトータル3,240円でSIMの変更料金が実質無料になるというものです。

なお、音声通話SIMの契約解除料は8,640円(税込)(12か月以内の解約の場合)となっています。

初期費用は必要

とりあえず3か月間だけでも12GBのデータ通信が無料で使えるというのはお得な気がしますが、申し込みの初期費用3,240円(税込)は必要です。

まとめ

  • データ容量 6GB、12GBのプランが最大3か月基本使用料無料で使える。
  • データSIMから音声通話SIMへの変更は実質無料。
  • 初期費用3,240円は必要。

MVNOはドコモと同じ回線を使うとはいえ、使用環境・地域などにより速度が大きく異なります。こういう無料のキャンペーンを使って自分の使う範囲での速度を確認しておくのは大事ですね。

という建前の元、3,240円で12GB/月が3か月使い放題と考えても安いですね。

最大3カ月間、プラン月額料金が無料!「BIGLOBE LTE・3G」特典実施中

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top