2016.8.22

スポーツでの利用を全面に押し出した左右ワイヤレスなイヤホン「Axum」がindiegogoで出資募集中

Axum

Earinから始まった左右もワイヤレスになっている完全ワイヤレス(Truely Wireless)なイヤホンはすでに珍しくなくなりましたが、まだクラウドファンディングではいくつか見かけます。
今回のAxumもそんな完全ワイヤレスなイヤホンです。

広告

スポーツシーンでの利用を全面に押し出したAxum

Axumはマイクを搭載したヘッドセットで、フィットネストラッカーだったりノイズキャンセリングだったりという機能は搭載していない、ごくシンプルなものになっています。
しかし、今更それではさすがに厳しいと感じているのか、スポーツシーンでの利用を全面的にプッシュしています。

ここまでスポーツでの利用しか訴えかけていないイヤホンも珍しい気がします。

どんな耳にもフィットするユニバーサルフィット

スポーツをターゲットにしているだけあって、耳にフィットしやすく、またずれにくいように形状にはこだわっているようです。
ユニバーサルフィットという特異な形状をしたシリコンカバーをイヤーピースとは別に用意し、それにもS、M、Lというサイズを用意することでどんな耳にもフィットするということのようです。

Axum

M-voiDサウンドテクノロジー

性能面では、M-voiDサウンドテクノロジーというちょっと聞きなれないものに対応しているとのこと。
要するに音質がいいということのようで、ハイテクスタジオで収録した音を再現できる、ということです。

シュワルツネガーを思い出した。

シュワルツネガーを思い出した。

バッテリケースにも対応

左右ワイヤレスなイヤホンではほぼ標準装備となったバッテリーケースもあります。
本体のバッテリで約4時間の利用が可能ですが、バッテリケースで充電することで再度4時間の使用が可能になるとのこと。

他の製品が複数回の充電に対応していることを考えるとちょっと少な目ですが、トータル8時間使えれば十分かな?

Axum

機能が少ない分、価格は低め

純粋にイヤホン(ヘッドホン)としての機能しかないためか、価格は低めで最安が$149となっています。
うまくいけば出荷は2017年の5月です。

(via CNet)
(source Indiegogo)

タグ: ,

back to top