2017.1.5

ASUS、ARのTangoとVRのDaydreamに両対応した「ZenFone AR」を発表

先日QualcommのフライングによりリークしていたプロジェクトTangoに対応する2台目のスマートフォン、ZenFone ARが発表されました。

広告

TangoとDaydreamに両対する世界初のスマートフォン

ZenFone ARはGoogleのARプラットフォームTangoとVRプラットフォームDaydreamの両方に対応する世界初のスマートフォンとなります。

まずTangoですが、背面に搭載された3つのカメラ(23MPのカメラに加えて、モーショントラッキングと深度検知)を使って周囲の空間を3Dモデルとして構築。
床や壁までの距離などを計測することもでき、そのデータをゲームなどにも活かせます。

ソファーなどの家具をAR空間上で配置シミュレーションなども行えます。

もう一方のDaydreamは流行りのVRですね。
5.5インチクラスまでしか対応しないという噂でしたが、5.7インチのZenFone ARも対応となっています。

スペック

仕様 ZenFone AR
ディスプレイ 5.7インチ Super AMOLED
解像度 2560×1440
プロセッサ Snapdragon 821
RAM 6GB/8GB
ストレージ 32GB / 64GB / 128GB / 256GB
microSD 最大2TB
バッテリ 3300mAh
PD2.0、QC3.0対応
リアカメラ 23MP f/2.0 光学3倍ズーム OIS
フロントカメラ 8MP f/2.0 広角85度
サイズ 158.67 x 77.7 x 4.6 ~ 8.95 mm
重さ 170g
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
NFC 対応

AR、VRに注目が集まるのは仕方がないのですが、何気にRAM8GBモデルがあったり、リアカメラが光学ズームに対応していたりと、かなりのハイスペックマシンとなっています。

第2四半期に発売予定

発売は北米では第2四半期の予定とのこと。

スペック的には7~8万円クラスになりそうですね。

(source ASUS)

タグ: ,

back to top