Apple Watch、次期アップデートでシアターモードが追加

2017.1.25

AppleがWatch OS 3.2でApple Watchにシアターモードを追加することを明らかにしています。

映画館で便利なシアターモード

映画館などではスマートフォンの画面の光が周囲の邪魔にならないよう、カバンに入れたりが画面をオフにしたりする人が多いと思いますが、スマートウォッチの画面も結構明るく、かなり気になります。

私は映画館では画面を手首側にして付けて光が漏れないようにしたり、冬場は袖の下に隠したりしているのですが、Apple Watachに追加されるシアターモードではそんな苦労はしなくて済みます。

シアターモードでは画面がOFFに

シアターモードがどういうものかというと、まずミュート状態になって画面も表示されず、通知は振動だけになります。
また、腕を上げたときに画面が表示される機能もオフになり、タップするかデジタルクラウンを押すことで画面表示が行えます。

画面タップで表示されてしまうのは、不意に触ったときに焦りそうですが、オフにはできるのかな?

なお、シアターモードの機能自体は現在配信中の3.1.3に入っているようですが、有効にできるのは3.2から、ということのようです。

Android Wearでは実装済み

ちなみにAndroid Wearではシアターモードは実装済みで、こちらは画面をタップしても表示されず、電源ボタンを押すことで画面表示が可能です。

Gear S2にもシアターモード追加されないかなぁ・・・(ないよね?)

(via The Verge)
(source Apple)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top