Androidの父Andy Rubin、ベゼルレスでデュアルカメラ搭載のEssential Phoneを発表

フロントカメラの位置が何とも言えないけど、これは手に入れたい。

2017.5.30

Androidの父、Andy Rubin氏が以前からチラ見せしていた新端末、Essential Phoneが正式に発表されました。モデル名としてはEssential PH-1となるようです。

ベゼルレスでアクセサリ用拡張端子を備えたEssential Phone

ベゼルレスになるという噂でしたが、その通りにベゼルレス。しかもフロントカメラがなんとも奇妙なことになっているディスプレイです。

ディスプレイサイズは5.71インチで解像度は2560 x 1312、アスペクト比は19:10とやや変則的。とりあえず主な仕様は下記のようになっています。

仕様 Essential PH-1~
ディスプレイ 5.71インチ
解像度 2560 x 1312、19:10
SoC Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 128GB UFS 2.1
リアカメラ 13MP x 2(RGB + Mono) f/1.85
フロントカメラ 8MP f/2.20
バッテリ 3040mAh
高さ 141.5mm
71.1mm
厚さ 7.8mm
重さ 185g
WiFi 802.11a/b/g/n/ac with MIMO
Bluetooth 5.0 LE
NFC 対応
指紋センサ 対応
USB Type-C
UMTS/HSPA+ 1, 2, 4, 5 6, 8
FDD-LTE 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66
CDMA EV-DO Rev. A 0, 1, 10

ハイエンドモデルという噂通り、Snapdragon 835にRAM 4GBを搭載。またストレージは最近何かと話題のUFS 2.1を明記しています。標準で128GBの代わり、microSDには非対応なようです。なおOSはAndroidですが、具体的なバージョンには触れられていません。

筐体はチタン製。アルミよりも強度があり、ひっかき傷にも強いので、専用ケースは作らないとのこと。

▲コンクリートへの落下試験でもEssential Phoneはほぼ無傷

背面のデュアルカメラはカラーとモノクロを組み合わせて使用するタイプ。2つのセンサーを使用することで低光量でも精細な写真が撮影できるとしています。

もっとも特徴的なのが背面、カメラの横にあるアクセサリー用の2つの端子です。

MotorolaのMoto Modsのようなもので、この端子にアクセサリを接続可能。アクセサリは磁力で本体に固定されます。そのアクセサリー第1弾として360度カメラが同時にリリースされます。

カラーバリエーションは4色。

価格は$699。360度カメラは$199ですが、現在は特別価格として$50で購入可能。すでに予約が開始されていますが、残念ながら米国内のみとなっています。

だがしかし。Essentialのサイトはただの機械翻訳ではない日本語バージョンも用意されており、日本への発送も薄っすらと期待が持てたり持てなかったりする状況です。

出てきてほしいなぁ。

スマートフォンのほか、Homeというスマートホームのコアデバイスのようなものも発表されていますが、こちらの詳細は近日公開ということになっています。

(via GSMArena)
(source Essential)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

MENU

back to top