Amazonパントリーで「ご当地麺総選挙2016」開催中 地元の麺を応援してみる?

2016.7.27
Amazon ご当地麺総選挙

段ボールひと箱あたり送料290円、段ボールに入る限り送料はそれだけというプライム会員向けのサービス、Amazonパントリーで、「ご当地麺総選挙2016」というキャンペーンが開催されています。

ご当地麺総選挙2016

キャンペーンと言っても何かがお得になっているというわけではなく、全国各地の麺製品の中から推し麺(メン)を実際に購入。
1購入あたり1票として集計され、売り上げ上位10製品がAmazonパントリーの「選抜ご当地麺セット」としてテーマBOXで販売されるということです。

スクリーンショット_072716_082416_PM

ちなみにAmazonパントリーのテーマBOXもとくに安いというわけではなく、例えば「仕送りセット」や「夜更かしセット」のようにテーマに沿った商品がピックアップされているというものです。

スクリーンショット_072716_080531_PM

だからどうしたと言われるとそれまでの企画ではありますが、いろいろと珍しいカップ麺なども一堂に会しているので面白そうな(美味しそうな)ものを選んだり、地元とのラーメンを応援する意味で購入するのもありかもしれません。

個人的には津久井の「せき麺」がAmazonにないのが悲しい。
相模原に行けばいくらでも買えるのだけど。

B01HT8KL8G

この「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば 116g」って見たことがないので気になります。

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

Amazonパントリーは単価が安い

Amazonパントリーは通常のAmazonではばら売りしていないものをばら売りしていたり、価格自体がかなり安く設定されていたりするので複数をまとめて購入するときにはおススメです。

先ほどの「サッポロ一番 旅麺 浅草 ソース焼そば 116g」もAmazonパントリーでは1個107円ですが、通常では12個セットで1,414円(118円/個)となっていたります。

あわせ買い対象製品も単品購入が可能

実はAmazonパントリーの対象製品の中には、通常では2000円以上購入しないとダメなあわせ買いの対象になっているものもあります。
そういう製品もパントリーでは単品購入が可能なのでうまく使い分けるとお得になります。

例えばあわせ買い対象になっているミオドライミックスですが、パントリーでは単品購入が可能です(単価も安い)。
最終的に290円の送料(パントリーの手数料)がかかるので割高にはなるのですが、あわせ買いで無駄な買い物をしなくてもいいので助かっています。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

au版Galaxy S8の実機画像が流出 日本では3色展開で発売?

昨夜発表されたSamsungの最新フラッグシップGalaxy S8/S8+。日本語サイトも公開され、今回docomo、auから発売されるのはほぼ確定だろうと思います。 そんな中、早速au版Galaxy

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Androidの父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top