生鮮食料品を最短4時間で届けるAmazon Freshが日本国内でもスタート。都内の一部地域から。

2017.4.21

Amazonが海外で行っている生鮮食料品の配達サービス「Amazon Fresh」を日本国内でも提供開始しました。対象エリアは東京の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)で順次拡大予定とのこと。

Amazon FreshはこれまでAmazonでは扱っていなかった生鮮食料品を配達するサービス。最近はヤマト運輸などのドライバー不足が取り沙汰されていますが、Freshについては自社配送を行うとのこと。といってもPrime Nowのように委託ドライバー頼りなのだとは思いますが。

配達時間帯は朝8時から深夜0時までで2時間単位で指定可能。最短4時間で配達するということです。発送時にメールを送り、配達先に近づくとプッシュ通知を行うなどをしますが、それでも不在だった場合は再配達は行わずにキャンセルになるということです。

扱うものは生鮮食料品に限らず洗剤などの日用品のほか、文房具やパソコン周辺機器も対象となっています。

生鮮食料の宅配というと、Oisixが比較的有名です。

Oisix(おいしっくす)

指定した野菜などを定期的に配達するというサービスですが、そのOisixとも提携しており、一部の商品がAmazon Freshからも注文可能になっています。

既存のサービスと提携することで扱う商品を確保している感じなんですかね。

野菜だけですが、ざっと見た感じでは特に割高感はありませんでした(ただしキャベツだけはちょっと高かったです)。ただし、プライム会員とは別に月額500円のFresh会員費が必要で、送料は1回500円(6000円以上で無料)とのこと。ちょっと気忘れたものがある、今日は買い物に行く暇がない・・・という場合に使えるかというとちょっと厳しいですかね。

(via CNet)
(source Amazon)

Amazon Fresh

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

グラブルやシャドウバースもカウントフリーに! ゲーマーのためのMVNO、LinksMateが7月1日サービス開始

ゲーマーのためをうたうMVNO、LinksMateが発表されました。正式オープンは7月1日。現在、先行会員登録の受付を行っています。 ゲームプレイヤーのためのSIMカード LinksMate LinksMateは、データ ...

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

会社を辞めてからちょうど1年。ブログやら寄稿やらをしつつ、主夫もしているので料理はほぼ毎日作っています。ただ段々とメニューがマンネリ化していくのが悩みの種。 病院の待合室などでオレンジページやレタスクラブがあればついつい ...

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

先日、Galaxy S8をシースルーにしていたJerryRigEverythingが今度はLG G6もシースルーにしています。 関連:背面が透明なGalaxy S8を作る方法。フィルムさえ剥がせれば意外と簡単そう – D ...

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

大いに世間を騒がせる結果となったHUAWEIの最新フラッグシップモデル HUAWEI P10 / P10 Plusに規格が異なる3つのストレージが使用されていた問題ですが、その続報が入ってきました。 関連:HUAWEI ...

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

英語には「Sheeple」という造語があるそうです。Sheep(羊)とPeeple(人々)の混成語で、「従順で、すぐに人の言いなりになったり、影響を受けやすい人々」というちょっと皮肉を込めた言葉なのですが、このSheep ...

MENU

back to top