IIJmio、ライトスタートプランが6GBに増量 全プランでSIMを複数枚契約可能に

2016.6.25
スクリーンショット_062416_072301_PM

MVNOのIIJmioが7月7日よりライトスタートプランのデータ容量を6GBに増量、さらにミニマムスタート、ライトスタートでもSIMを2枚まで登録できるようになります。

これまでライトスタートプランのデータ容量は5GBでしたが、7月7日からは6GBに増加されます。
また、ファミリーシェアプランではSIMが最大10枚(4枚目以降は1枚につき+400円)まで発行可能でしたが、7月7日からは、ミニマムスタートプラン、ライトスタートプランでも2枚まで発行可能になります。

ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェア
データ容量 3GB 5GB
6GB
10GB
データ通信SIM 900円(税抜) 1,520円(税抜) 2,560円(税抜)
SMS機能付きSIM 1,040円(税抜)
(データ通信+SMS機能140円)
1,660円(税抜)
(データ通信+SMS機能140円)
2,700円(税抜)
(データ通信+SMS機能140円)
音声通話SIM 1,600円(税抜)
(データ通信+音声通話機能700円)
2,120円(税抜)
(データ通信+音声通話機能700円
3,260円(税抜)
(データ通信+音声通話機能700円
追加SIM利用料 2枚目400円 2枚目400円 4枚目以降 400円/枚
SIM枚数 1枚
2枚
1枚
2枚
10枚

何枚かのSIMでデータ容量を分け合うプランは他社でも出しているところがありますが、全プランでSIMを複数持てるというプランはIIJmioが初ではないでしょうか。

これまでスマートフォン用に音声通話機能付きでミニマムスタート(3GB)(1600円)、タブレット用にデータ通信でミニマムスタート(3GB)(900円)を契約していた人は、ミニマムスタート1つに契約をまとめて、

  • ミニマムスタートプラン(3GB) 音声通話機能付きSIM(1,600円) + 追加SIM 400円 合計 2,000円

となり500円安くすることができます。

ただこれだとデータ容量が合計3GBになってしまうので、それでは足りないという場合は契約をライトスタートプランに変更して、

  • ライトスタートプラン(6GB)  音声通話機能付きSIM(2,120円) + 追加SIM 400円 合計 2,520円

となり合計では20円高くなります。
それでも「こっちのSIMは残り○GBだから、もう片方のSIMで~」っと運用を悩まなくていいのでメリットは大きそうです。

IIJmio

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

MENU

back to top