装着感は最高! Cardboard対応VRゴーグル 「HABOR 3D VRメガネ」をレビュー

2016.3.16
Habor

いつもお世話になっているSeneoさんからVRゴーグルを提供頂いたので、さっそくそのレビューです。今回のVRゴーグルはGoogleのCardboard互換のHabor 3D VRメガネです。

4インチ~6インチ対応でiPhone 6 Plusも利用可能

外観はGear VRのような雰囲気もありますが、とくに電気的な部品は搭載しておらず、基本的にはちょっと豪華なGoogleのCardBoardといった製品です。

Habor

4インチ~6インチのスマートフォンに対応しており、センターの部品で抑え込むように装着します。5インチ以上の場合は中にある黒いマット(写真の四角いマット)を外して使います。

Xperia Z3 CompactとiPhone 6 Plusで試しましたが、どちらでも利用することができました。

habor

小さいサイズのスマートフォンを利用する場合は、下側に落ちないようにするためのスポンジの台も利用します。両面テープが付いているのでゴーグルに張り付けてしまうことも可能です。普通は利用するスマートフォンは1台だけだと思うので貼りつけちゃったほうが便利ですね。

レンズ位置の微調整が可能

装着するスマートフォンや装着する人に合わせて、レンズの左右位置、前後位置(スマートフォンとの距離)をそれぞれ10mmの範囲で微調整することが可能です。

大抵はこれでピントを合わせることができるんじゃないかと思います。

装着状態でも充電可能

Habor

ゴーグルの左右にはスリットが開いており、ここから充電用のケーブルやイヤホンを接続することができます。充電しながら使えるのはありがたいですね。

残念ポイントは2つ

スマートフォンの抑えですが、肝心の抑える力ががやや甘く、固定した状態でもスマートフォンが左右に動いてしまいます。あまり大きく頭を振ったりしなければ大丈夫ですが、ちょっと気になりました。

また、残念ながらダンボール製のCardBoardについてるマグネットのスイッチは搭載していないので、装着状態だと一切の操作ができません。何かしらの操作が必要な場合には別途ゲームパッドやマウスなどを接続しておく必要があります。

装着感は最高

Habor

顔に当たる部分のクッションがスポンジではなくフェイクレザーっぽいものになっており、装着感はかなりいいです。装着感だけならGear VRよりも間違いなく上です。

Habor

また、製品説明では特に触れられていませんが、メガネを着けたままでも装着できました。

現在ダンボールを使っているなら買う価値はある

GoogleのCardBoardは低価格でお手軽感があるのでいいと思いますが、ちゃんとVRを体験したいというならこういう製品を購入するのをお勧めします。3,000円ほどですが、その価値はあると思いますよ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top