海外でGalaxy S7の販売開始 購入時には型名の確認を

2016.3.12 (更新日:2016.03.14)
Galaxy S7

海外ではすでにGalaxy S7の販売が開始されており、香港の1Shopmobileなどにも入荷が始まっています。eBayにも出品が多くなっていますが、Galaxy S7には販売地域により幾つかのバリエーションがあり、購入時には注意が必要です。

複数のGalaxy S7

従来通りではあるのですが、Samsungの端末は販売地域により微妙に差異があるモデルが存在しています。Galaxy S7も例に漏れず、幾つかの型番が確認されています。

欧州で販売されているグローバル版のSM-G930F、香港などで販売されているデュアルSIM仕様のSM-G930FD、そして米国向けのSM-G930R4、米キャリア向けのSM-G930V(Verizon)、SM-G930A(AT&T)などです。

デュアルSIM仕様

スクリーンショット_031216_102543_AM

デュアルSIMのSM-G930FDですが、SIMスロットが2つあるわけではなく、SIMスロット内になるmicroSD用の部分にSIMを置く兼用タイプとなっています。このため、デュアルSIMで使う場合にはせっかく復活したmicroSDをあきらめる必要があるのです。日本国内ではデュアルSIMでは使えないので関係ないけど(その前に技適の問題もあるけど)。

Exynos 8890とSnapdragon 820

そんなデュアルSIM版のSM-G930FDとグローバル版のSM-G930Fとではスペック的な違いはありませんが、これらと米国版とでは大きく異なる点があります。それがチップセット。グローバル版ではExynos 8890ですが、米国版のみSnapdragon 820となっています。

ではSnapdragon 820版を入手するなら米国版を購入すればいいのかという話ですが、実は両者では対応するモバイルネットワークも異なっており、米国版(Snapdragon 820版)では日本で広く使われているLTE Band 1に対応していません。

Exynos 8890とSnapdragon 820でどの程度の性能差があるのかはわかりませんが、おそらくは気にするほど違わないんじゃないかと思います。

(参考)主な対応バンド

  • SM-G930F / SM-G930FD
    • 3G WCDMA: B1(2100), B2(1900), B4(AWS), B5(850), B8(900)
    • 3G CDMA: –
    • 3G TD-SCDMA:B34(2010), B39(1880)
    • 4G FDD LTE: B1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700), B17(700), B18(800), B19(800), B20(800), B25(1900), B26(800), B28(700)
    • 4G TDD LTE: B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500)
  • SM-G930R4
    • 3G UMTS: B1(2100),B2(1900),B5(850),B8(900)
    • 3G CDMA: BC0(800), BC1(1900)
    • 3G TD-SCDMA: B34(2010), B39(1880)
    • 4G FDD LTE: B2(1900), B4(AWS), B5(850), B8(900), B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B25(1900)
    • 4G TDD LTE: B38(2600), B39(1900), B40(2300)

カラーバリエーション

スクリーンショット_031216_103711_AM

各国で販売されている端末のカラーバリエーションにも違いがあります。S7には、ブラック、ゴールド、ホワイトの3色のバリエーションがありますが、香港ではブラックは販売されておらずゴールドとホワイトのみ、Cloveなどが扱う英国ではホワイトがなくゴールドとブラックのみ、Handtecが扱っている欧州(EU)版では3色とも設定されています。

リージョンロックに注意

すでにeBayなども販売が開始されていますが、購入時にはリージョンロックに気を付ける必要があります。

Samsungは不正転売の抑制を目的としたリージョンロックというものを一部地域の端末に施しています(香港版などアジア圏では未実施のようです)。これは、その端末が販売された地域のSIMしか利用できないというSIMロック的なものとなっています。

eBayにGalaxy S6が登場 リージョンロックは健在

ただし、その地域のキャリアのSIMで5分間通話を行えばロックが解除され、他の地域のSIMも利用可能になります。

Cloveではこのリージョンロックを解除した状態(5分間通話をした状態)で発送してくれるので問題ありません(そのため、手元に届くときにはパッケージが開封されています)が、eBayなどで購入する際には注意が必要です。購入した地域に出かける予定であれば問題ないですが、欧州版をもって米国へ行く予定、などの場合にはどうすることもできなくなります。

香港で販売されている端末にはこのリージョンロックは掛かっていないため、すでに販売中の1Shopmobile(ゴールドのみ)のほか、MATENRO-HK(代理購入 ただし香港店頭では初期ロット売り切れのため次回入荷待ち)、Expansysでの購入なら問題はないはずです。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

どこでもドアが実在したらこんな感じ? ドラえもんVRを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、ソラマチで開催されている、ドラえもんVR「どこでもドア」を体験してきました。 関連:ドラえもんVR「どこでもドア」のPV公開 どこでもドア体験は2月20日から – Dream

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lite(

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

猫のためのスピーカー? OMAKER M7が20%オフになるキャンペーンを実施中

2月22日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日だ!ということで、OMAKERが猫のためのBluetoothスピーカー M7を本日限定かつ300台限定で20%OFFになるキャンペーンを行っています。

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向けに」とい

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向け...

MENU

back to top