Sony、ユーザの声を積極的に取り入れるFuture Lab Programを開始 第1弾「N」をSXSWで披露

2016.3.6
Future Lab N

Sonyが「オープンな環境で、技術に基づく新たなコンセプトを核として未来のライフスタイルや価値をユーザーと共創していくプログラム、“Future Lab Program(フューチャー・ラボ・プログラム)”」を新たに開始し、その第一弾として「N」というコンセプトモデルのティザー動画を発表しました。

Future Lab Program

img01

Future Lab Programは「従来の技術・研究開発を進展させたソニーとして初めて取り入れる新たな手法で、社内で開発中のコンセプトプロトタイプをユーザーの皆様に紹介し、フィードバックやインスピレーションを反映しながら進化させるものです。」ということで、すぐに製品化するわけではないけど、コンセプトの段階でユーザカーラのフィードバックを積極的に取り入れていきたいというもののようですね。

ハンズフリーなスピーカー?「N」

その第1弾となるコンセプトプロダクトが「N」で、これは「耳を塞ぐことなく、ハンズフリーで音楽や音声による情報をインタラクティブに楽しめることをコンセプトとした、新たなユーザーインターフェースを提示するものです。」とのこと。

スクリーンショット_030616_095808_AM

動画を見ると、首にかけるタイプのスピーカーのようですね。そのままだと音がダダ漏れになるので、指向性が強いか、骨電動なのか、そんな感じなのでしょう。

この「N」は3月12日から米テキサスで行われる「SXSW(サウス バイ サウスウエスト) Interactive 2016」で披露されるということです。

(source Sony)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top