Oculus RiftにHTC Vive、PlayStation VRのために必要なもの

2016.2.29 (更新日:2016.03.02)
vr

Oculus RiftにHTC Vive、そしてPlaystation VRと今年はVRディスプレイが一斉に発売となります。すでにOculus RiftとHTC Viveはそれぞれ83,800円、111,999円という国内価格が発表されており、予想よりも高かったなぁと思っていたりするわけですが、実際にこれらの製品を使うためには更なる出費を覚悟する必要があります。

ハイスペックなパソコンが必要

VRヘッドディスプレイ、VRゴーグルは基本的に「ディスプレイ」なので、そこにコンテンツを配信し様々な処理をするための本体、つまりパソコンが必要になります。残念なことに単体では利用できないのですよね。ほんとに残念だ。

そして3Dでグリグリ動かしたりする必要がある分、パソコン側にも相応に高いスペックが求められています。

下記はOculus Rift、HTC Viveそれぞれが公式に発表している推奨スペックです。

Oculus Rift HTC Vive
Video Card NVIDIA GTX 970/AMD R9 290同等以上 NVIDIA GTX 970/AMD R9 290同等以上
CPU Intel i5-4590同等以上 Intel i5-4590 / AMD FX 8350同等以上
メモリ 8GB以上 4GB以上
ビデオアウトプット HDMI 1.3 HCMI1.4 or DP1.2以降
USB USB3.0 x 3 + USB2.0 x 1 USB2.0/3.0 x 1
OS Windows 7 SP1 64bit 以降 Windows 7 SP1以降

どちらも似たようなスペックですね。ViveがHDMI1.4を必要としているのが注意点でしょうか?

自作派ならクリアしている人もいると思いますが、そうでない人にはDELLやASUS、ALIENWAREなどが対応のPCを用意しますが、どれも10万円以上したります。自宅でデスクトップPCを使っている場合にはビデオカードのみ交換すれば対応できる人も多そうですが、NVIDIA GTX 970なビデオカードは概ね4万~5万円です。

ALIENWAREのあたりだとノートPCでもクリアしているものがありますが、普通のノートPCでこのスペックをクリアするのは難しいでしょう。近年流行っているSurfaceなどのタブレットPCでもグラフィックのスペックが足りないので、VR用に別途PCを用意する必要がありそうです。

また、Mac派の人も別途用意が必要ですね。Mac Proならクリアしてるのかな?

導入コストはPlayStation VRが一番低い?

PlayStation VRの詳細はまだ不明ですが、PlayStation 4とつなぐことになるはずなので、本体の価格次第ですが導入コストは一番低くなる可能性が高いです。

公式には今年前半にリリース予定とされていますが、非公式には今秋になるという話もあったりするPlayStation VR。そんなPlayStation VRのプレスイベントが3月15日に開催されます。ここで詳細の発表があるんですかね?

Sony、Playstation VRのプレスイベントを3月15日に開催

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEモバイルにLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」が誕生

LINEモバイルに新プランとなる「MUSIC+プラン」が誕生しました。 LINE MUSICがカウントフリーになるMUSIC+ LINEモバイルではLINEアプリがカウントフリー、つまりデータ量を消費

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記...

MENU

back to top