Microsoft、Android向けキーボードアプリ 「Hub Keyboard」をGoogle Playで公開

2016.2.24
2016-02-24 08.04.15

MicrosoftがAndroid向けのキーボードアプリ Hub KeyboardをGoogle Playで公開しました。ただし、日本語入力・変換には対応しておらず、日本からはそもそもインストールもできません。

このキーボードアプリの特徴として、Office 365と連携してOffice 365のドキュメントのURLを引っ張ってこれたり、クリップボードの履歴にアクセスできたり、連絡先から情報をもってこれたりするのですが、面白いと思ったのが翻訳機能です。

翻訳ボタンを押してから入力を開始すると、打ち込んだ内容をリアルタイムに翻訳して、その翻訳結果を入力することが可能です。これを駆使すれば日本語入力も可能といえば可能ですね。英語の勉強にはなりそうです。

そんなHub KeyboardはGoogle Playからはインストールできませんが、APKMirrorに登録されていたので、そこからダウンロードとインストールはできました。

Microsoftも多言語対応を考えているそうなので、そのうち日本語にも対応してくれるかもしれません。

(via Android Authority)
(source Google Play)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top