Microsoft、Android向けキーボードアプリ 「Hub Keyboard」をGoogle Playで公開

2016.2.24
2016-02-24 08.04.15

MicrosoftがAndroid向けのキーボードアプリ Hub KeyboardをGoogle Playで公開しました。ただし、日本語入力・変換には対応しておらず、日本からはそもそもインストールもできません。

広告

このキーボードアプリの特徴として、Office 365と連携してOffice 365のドキュメントのURLを引っ張ってこれたり、クリップボードの履歴にアクセスできたり、連絡先から情報をもってこれたりするのですが、面白いと思ったのが翻訳機能です。

翻訳ボタンを押してから入力を開始すると、打ち込んだ内容をリアルタイムに翻訳して、その翻訳結果を入力することが可能です。これを駆使すれば日本語入力も可能といえば可能ですね。英語の勉強にはなりそうです。

そんなHub KeyboardはGoogle Playからはインストールできませんが、APKMirrorに登録されていたので、そこからダウンロードとインストールはできました。

Microsoftも多言語対応を考えているそうなので、そのうち日本語にも対応してくれるかもしれません。

(via Android Authority)
(source Google Play)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

News >その他

「君の名は」DVD・Blue-ray発売開始、動画配信も26日からスタート

やっとという感じ。これで好きなだけ見ることができます。

back to top