スマートフォンを選択する新しい基準はないものかと考えてみた

2016.2.16 (更新日:2016.10.29)

最近では選べるスマートフォンの種類が増えてきて、何を選べばいいのか迷ってしまうような状況ですが、その選択の基準となるのは価格のほか、各種のスペックです。

ただ、スペックで選べと言われてもプロセッサを重視するのか、画面サイズや解像度なのか、あるいはカメラの性能だったりと基準もまちまちです。

ベンチマークのスコアで選ぶという方法もありますが、もっとほかにも指標になるものがあるんじゃないか?ということでちょっと考えてみました。

基本的にはネタなのであまり本気にはしないように……。

グラム単価指標

モノの価格を表すのによく使われるグラム単価(食肉だと100gあたりの単価ですが)でスマートフォンを表したらどうだろう?

ということで、とりあえず比べてみたのは下記の17台。海外のハイエンドも加えようかと思ったのですが、円相場の乱高下で価格を比較するのが難しくなるので国内端末に絞っています。

表1

エントリーモデルはグラム単価が安いですね。逆にハイエンドでも600円を超えてくると高いなぁという気になります。本体が軽いハイエンド機はグラム単価が高めにはなるのですけども。

グラフ1

グラフにしてみました。ハイエンド機は意外と軽い端末が多いですね。そんな中でもiPhoen 6s Plusがずば抜けて重くて高いのがわかります。グラム単価ではiPhone 6sのほうが高いですけどね。

個人的な感覚になりますが、グラム単価が600円を超えるとちょっと割高感があるし、安すぎるとエントリー寄りな感じになってくるので、ねらい目は400円~500円台になりそうです。

もっとも、先に書いた通り軽量ハイエンドモデルだと単価があがるので一概には言えないあたり、指標としてはイマイチです。

ピクセル単価指標

画面の解像度ではよくppi(1インチ四方に含まれるピクセル数)が使われますが、だったら、1ピクセルあたりの単価も指標になるのではないか?ということで考えてみました。

表2

これは100ピクセルあたりの単価が安いほどお得感がある、って感じの指標です。

グラフ2

これもついでにグラフ化してみました。

右下(価格が安く解像度が高い)に近いほど単価が安くなります。逆に左上は価格が高く解像度が低いということなので、これはなにかしらの指標にはなりそうですね。

単価をみるとASUS ZenFone 2とHTC J butterfly HTV31がかなり低く、お得感があります。2台ともいい機種だと思います。

他にもいろいろありそう

今回、半分ネタ、もう半分は割と本気で考えてみましたが、他にも似たようなことは考えられそうです。例えばバッテリの容量単価とか重さとバッテリ容量の関係とか。体積あたりの重さなんてのも面白いかも。

割とどうでもいいことではあるのですが、たまには違う面から端末を捉えてみるのも面白いかなと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top