意外に簡単? スマートミラーの作り方

2016.2.15
Smart Mirror

Googleの中の人、Max Braunさんが作ったスマートミラーが話題ですが、調べてみたら海外では同様のスマートミラーをDIYしている例がいくつも見つかりました。Githubでまとまっているのが見やすいですかね。

ディスプレイをばらして組み込むのは大変ですが、iPadやAndroidタブレットをそのまま使っている例もあり、意外とお手軽にできるみたいです。

必要な材料

細かいところでは必要なものは異なりますが、必須となるのが下記の4点。

  • ハーフミラー、もしくはハーフミラーのフィルム
  • ハーフミラーの背面に貼る黒いシート(紙でも可)
  • 表示用のディスプレイ、あるいはiPadなどのタブレット
  • 表示用アプリ

ハーフミラー

ハーフミラーはそれなりに値が張りますが、大体30cm x 50cmで5,000円~6,000円程度するようです。Amazonでも売っていました。

アクリル板 320×550×2t ハーフミラー
アクリル板
売り上げランキング: 106,420

フィルムタイプはもっと安く、車用ですが下記のものが使えるんじゃないかと思います。

[カーフィルム ミラーフィルム]シルバーミラー15(マジックミラー) 50cm幅×長さ1m単位切売
ブレインテック ウィンドフィルム
売り上げランキング: 14,496

iPadやAndroidタブレットを使い、サイズも大きくしなくていいのであれば専用のミラータイプのシートが出ているので、それを使うというのも手ですね。

透過防止の黒いシート

背面に貼る黒いシートは正面から見たときの透過防止ようです。ディスプレイ(タブレット)が来る部分だけくり抜きます。

ハーフミラーに貼る際、両面テープを使うと剥がす時にハーフミラーの蒸着面がはがれてしまうので注意が必要ということです。スプレータイプの糊などを使うといいみたいです。

ディスプレイの固定は工夫が必要かも

ディスプレイ(タブレット)の固定方法ですが、これは使用するデバイスに合わせて工夫が必要な様子。

iPad用に3Dプリンタでフレームを作っている人もいます。

軽いタブレットを使用するなら、直接両面テープで固定するという方法もあるようです。

アプリは自作が基本?

最後にアプリですが、これはみなさん自作しているみたいです。

アプリは作れないという場合でも、背景を黒くして天気や時刻を表示するサイトをHTMLとJavaScriptなどで作れば代替できるかもしれません。

意外と敷居は低そう

こうしてみると、余っているタブレットがあるなら意外と簡単に作れそうですね。ハーフミラーは海外だと$15程度で購入できるみたいですが、日本だと価格が高いので、これの入手がネックになりそうです。

う~ん、試してみたいなぁ。タブレットはいろいろ余ってるし。春休みの工作かな。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

MENU

back to top