Gmail、TLS暗号化をサポートしてないメールに注意喚起のアイコンを表示

2016.2.10
Unencrypted Message

昨日はSafer Internet Day (SID)(インターネット安心デー)ということでセキュリティ診断を行なったユーザにGoogle Driveの容量2GBをプレゼントするキャンペーンが行われていますが、Googleはもう一つ、セキュリティ絡みの発表を行っています。

Gmailは以前からメールの送受信でTLS暗号化をサポートしていますが、これが利用できない送信相手、発信相手が分かるよう、アイコン表示を行うように変更を行ったということです。

TLS暗号化をサポートしていない相手にメールを送信しようとするとトップの画像のように鍵が開いたアイコンが表示されます。

Unauthenticated Avatar Image_FINAL

一方、サポートしてない発信元のメールのついては、ユーザのアイコン表示がクエスチョンマークになるということです。

TLS暗号化を利用していないメールのやり取りがそれほど危険かというとそうでもないと思いますが、利用するに越したことはありません。

今回の対応で、たとえば銀行からのメールを装うようなフィッシングメールもアイコン表示を見れば見抜けるようになりそうです。

(via The Verge)
(source Gmail Blog)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top