噂のWindows 10 Mobile端末、NuAns NEOは予想以上に所有欲を満たしてくれる端末だった

2016.2.7
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遅ればせながら、先週発売になったNuAns NEOが届きました。私が注文したのは1月に入ってからのなので、届くのは2月中旬以降だと思っていたのですが意外と早く来ました。

すでに各所でさんざんやられてはいますが、やっとかないと落ち着かないのでいつものように写真レビューです。

ちなみに今回私が購入したのは背面上部がSMOOTH KHAKI、下部がDARK WOODの組み合わせです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは面白い形のパッケージ。本体であるCOREと背面カバー上側と下側でパッケージが分かれています。それぞれのパッケージは500円玉貯金箱としても利用可能というお得仕様になっています。

NuAns NEO

COREの内容物は本体のほか、USB-Cケーブルとマニュアルのみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SIMとmicroSDのスロットはいまでは珍しくなった跳ね上げ式のものです。SIMはmicro SIMですが、nanoSIMアダプタがセットされていました。引き出し式のスロットでアダプタを使うとスロット内の端子を破壊してしまう可能性もありますが、上から乗せるNEOのタイプなら安心して使えます。

SIMアダプタが付いてました

SIMアダプタが付いてました

バッテリは交換できませんが、SUICAなどのカードを納めることができるようにくぼみがついています。

もしカードを入れておく予定がないのなら、最初についているダミーのカードを入れておきましょう。抜いてしまうとカバーがペコペコします。ここにはカードがあるのが前提の設計ですね。

カードを入れておかないとカバーをしたときペコペコします

カードを入れておかないとカバーをしたときペコペコします

背面左隅(正面からみて右下)にはストラップホール。個人的にはストラップは左下のほうがよかったなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面。四隅がシャープだとかっちりしたイメージになりますね。往年のLumia 800みたいな雰囲気もあります。最近の端末でめずらしいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底面には3.5mmジャックとUSB-Cポート、マイク、スピーカなど一式が揃っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面向かって右側面にはボリュームと電源。左側面にはなにもありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

KATANA 02。価格帯が違うので比較するのも申し訳ないのですが、NEOを見た後だとKATANA 02のチープさが目立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハイエンドなLumia 950との比較。Lumia 950のほうが薄いですが、手に持った感じはNEOのほうがなじみます。側面が丸い効果ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この2台、立つんです。NEOの安定感は抜群ですね。

立つ端末は良い端末だという都市伝説

立つ端末は良い端末だという都市伝説

予想以上に端末の出来はいい感じで、久々に持つのが楽しい、所有欲を満たせる端末だと思います。カバーの組み合わせもいろいろ選べるし、他のも欲しくなってきます。

正直、これがAndroidだったら……と思ってしまうのですが、こういう端末をきっかけにしてWindows 10 Mobileが盛り上がることを期待しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

MENU

back to top