MicrosoftがSwiftKeyを買収という噂

2016.2.4
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キーをスワイプして単語を入力していくSwiftKeyをMicrosoft が買収するという話が進んでいるようです。買収額は2億5000万ドルになるとのこと。

flow__device

スワイプによる入力は日本語には対応していませんが、日本語入力自体は可能です。

Windows 10 mobileのキーボードは評判がよく、今更キーボードアプリを買収しなくてもという気もするのですが、どうやらSwiftKeyが開発中のニュートラルネットワークによる予測変換に興味があるようです。

Androidではアルファ版のアプリもリリースされていますが、小難しい話を抜きにすると、予測精度がとても優秀(になる可能性が高い)な方式という事ですね。

正式に発表があったわけではないので、今後どうなるかはわかりませんが、とりあえず注目しておきたいと思います。そして、フリック入力にも対応してくれると嬉しいです。

(via The Verge)
(source Financial Times)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top