MicrosoftとOlioが特許ライセンス契約を締結

2016.1.26
スクリーンショット_012616_071726_AM

Microsoftが独自のスマートウォッチを製造・販売しているOlioと特許ライセンス契約を結んだことを発表しました。

Moto 360風な新しいスマートウォッチ Olio Model One

特許はウェラブルデバイスをカバーする、ということなのでやっぱりというか当然というかスマートウォッチ絡みで動きがあるものと思います。

OlioのスマートウォッチはLinuxベースの独自OSを採用しており、iOSとAndroidをサポートしています。今後Windows 10 Mobileのサポートも使いされるのかな?

Windows Phone(Windows 10 Mobile)は電話の着信などを通知するための機能がないということで、これに対応したウェアラブルデバイスはMicrosoft Bnadしかありません。

Windows 10 Mobileはスマートウォッチへ着信を通知できない? Fitbitのサポートが非対応の理由を説明

もしOlioがWindows Phoneに対応するなら、有力な選択肢となりそうです。

(via Windows Central)
(source Microsoft)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

News >モバイル

NuAns NEO [Reloaded]がモバイルSuicaに正式対応を発表

ところで発売はいつ?5月発売はないかな・・・

MENU

back to top