【訂正】まもなく発売となるNuAns NEOでContinuumを使う方法

2016.1.25
Continuum

※初出時、有線でもContinuumが利用可能と記載していましたが、NuAns NEOでは有線での接続はサポートされていませんでした。

国内でも昨年末からWindows 10 Mobile端末がいくつかリリースされていますが、そのいずれもがエントリー~ミドルクラスの端末で、Windows 10 Mobileの目玉機能であるContinuumには非対応となっています。そんな中、国内でもいよいよContinuumに正式対応したNuAns NEOがリリースされます。

手に馴染み、生活に寄り添う。ゼロから考え直した新しいデザイン。

この機能を楽しみにしている、これ目当てでNEOを購入するという人もいるんじゃないかと思いますが、Continuumを利用するには端末とディスプレイを有線あるいは無線で接続する必要があり、端末単体では利用することができません。

端末が届いてから環境がそろってなくて試せない!っと悲しい思いをしないようにContinuumの利用方法をまとめておきます。

でもその前に……

Continuumを使うには有線あるいは無線でディスプレイと接続する必要があるわけですが、ここで1つだけ注意点があります。

NuAns NEOはUSB-Cポートを搭載していますが、対応しているのはUSB 2.0です。

スクリーンショット_012516_065800_PM

これは搭載しているSnapdragon 617がUSB 2.0のコントローラしか搭載していないことに由来するわけですが、このために優先接続でのContinuumは利用できません。

現状、NuAns NEOでContinuumを利用するにはワイヤレス接続のアダプタ(Miracastアダプタ)を利用するしかありません。

この辺りは、Trinityのブログでも説明されています。

NuAns NEOにおけるContinuum機能について(前編) | トリニティ株式会社

ActionTec スクリーンビーム・ミニ2

NuAns NEOの発売元であるTrinityが公式に推奨しているアダプタです。

スクリーンビームミニ2 UIBC
Actiontec Electronics inc
売り上げランキング: 65,290

ActionTecのサイトを見てみるとScreenBeam Mini 2 Continuumというのがありますが、付属するケーブルの違いで本体は同じものではないかと思います。

ディスプレイ出力はワイヤレス(Miracast)ですが、マウス、キーボードはアダプタ本体に接続して利用することも可能です(電源入力と分岐したホスト(?)ケーブルが必要)。

Microsoft Wireless Display Adapter(Miracastアダプタ)

公式には推奨されていませんが、Microsoft純正のWireless Display Adapterでも利用可能ではないかと思います。

マウスやキーボードはBluetooth接続ですね。

ただ、無線接続のためのか、Lumia 950で試した際は動画の再生はカクカクしてしまい厳しかったです。

純正のDisplay Dockを使わずにContinuumを使う方法

WEBブラウズやドキュメント編集なら問題ないので、用途を絞れば実用的かな?

その他Miracastアダプタ

スクリーンビーム ミニ 2もMicrosoftのアダプタも実態はMiracastアダプタのため、他のMiracastアダプタでもContinuumは利用できるのではないかと思います。ただ推奨はされていないので、当たりはずれはあるかもしれません。

NEOが発売されれば、このあたりの情報も充実してくるのでしょうね。

Continuumではないけど有線接続でのディスプレイ出力

先述した通り、NuAns NEOでは有線でのContinuumは使えませんが、PCと接続すれば画面をそのまま出力することが可能です(ディスプレイではなく、PCとの接続です)。

詳細は下記記事の「番外編でPCに画面を出力」を参照してください。

KATANA 02でContinuumは使えないけど、画面の出力ならできました

まとめ

有線でのContinuumが利用できないのは残念ではありますが、無線接続のほうが手軽だという点では問題はないかもしれません。ただ、動画再生などにどれくらい耐えられるのか?という点はちょっと心配です。COntinuumで動画を使う用途というのもあまりないかもしれませんが……。

なお、COntinuumで利用できるアプリは UWP(Windows 10 専用のストアアプリ)のみです。

この辺の接続関連は、Microsoftのエバンジェリスト、高橋忍さんのブログでも詳しく解説されています。

スマートフォン用 Continuum について

NEOを手にしてすぐにContinummを試したいという人は準備をお忘れなく。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top