Misfit SHINE 2を購入したので先代SHINEと比べてみた

2016.1.23
MISFIT SHINE2

日本では1月29日発売となるMisfitのアクティビティトラッカ、Misfit SHINE 2を米Amazonで購入してみました。

従来のSHINEもアクティビティトラッカとしてはコンパクトで邪魔にならず使い勝手もよかったのですが、電話の着信通知機能がないのがちょっと残念でした。SHINE 2はその着信通知に対応し、ますます完成度があがっています。

今更ながら、円盤状のアクティビティトラッカ、Misfit SHINEを買ってみた

というわけで、いつものように写真レビューから。見た目はSHINEと大差ないように見えるSHINE2ですが、実は結構変わっています。

SHINE2

円盤状なのは先代譲りですが、LEDがマルチカラーになりカラフルになりました。

SHINE2

背面。先代は隙間からひっかけてカバーを外しましたが、SHINE2は外し方がわかりませんでした。マニュアルにも書いていないし。

battery-1-9336ca3a78eef81d2b0a16a9b0b2ab23

で、公式サイトを漁っていたら外し方を発見。SHINEではバンドから外れないようにするために使っていたパーツをSHINE 2では裏蓋外しのツールとしても利用するのですね。

2016-01-23 09.43.46

バッテリはボタン電池のCR2032。これ一つで4か月~6か月持つそうです。

これは無理

これは無理

ちなみにツールを使わずに蓋を開ける方法も記載があったのですが、これは無理。何度か試しましたが、滑るだけでまったく開く気がしません。

右がSHINE、左がSHINE2

右がSHINE、左がSHINE2

SHINEとの比較、一回りサイズが大きくなっています。

右がSHINE、左がSHINE2

右がSHINE、左がSHINE2

大きくなった分は厚みは薄くなっていますね。

SHINE2

本体のサイズアップに比例して、付属のバンドも大型化しています。

SHINEにはペンダントにできるアクセサリなどもありますが、SHINEとSHINE 2で共有はできないです。

上がSHINEのもの、下がSHINE2のクリップ

上がSHINEのもの、下がSHINE2のクリップ

変化が大きいのは付属のクリップですね。形状がまったく違います。

SHINE

SHINEのものはマグネットで挟み込む形でしたが、SHINE 2のものは完全にクリップになりました。

SHINE2

SHINEのマグネット型は便利でしたが、クリップ形状になっているほうが安心感はありますね。

アプリはSHINEと同じものを使います。項目に「電話とメールによる通知」が追加されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

腕には普通の時計やスマートウォッチを付けたいので、以前のようにペンダント型のアクセサリがほしいところです。しばらくすれば出てくるかな?

3Dプリンタで作ってしまうというのも手だけども……。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top