スマートウォッチのディスプレイを顕微鏡で覗いてみた

2016.1.21 (更新日:2016.10.29)

唐突ですが、最近のスマートウォッチは画素数も上がって画面がきれいになりましたよね。というわけで、久しぶりに顕微鏡で覗いてみました。

広告

Samsung Gear S2

Gear S2

SamsungのGear S2はAMOLEDで画素数は360 x 360 (302 ppi)。

配列が独特ですが、Galaxy Note 2から採用されているSamsungのAMOLED特有の配列ですね。

moto 360 2nd

moto360

motorolaのmoto 360 2nd。42mmケースのものでディスプレイはLCD、360 x 325(263ppi)。

一般的な配列です。

Pebble Time Round

pebble time

おまけでPebble Time Round。

ピンボケ写真のように見えますが、カラーE-Inkディスプレイなので本当にこんな感じでぼやけています(ピンボケなのもあるけど……)。

カラー E-InkもRGB配列になっているのですね。当然といえば当然なのだろうけども。

というわけで、今回使った顕微鏡は下記。

Kenko 顕微鏡 Do・Nature 20~40倍 LEDライト内蔵 コンパクト携帯型 STV-40M
ケンコー (2009-09-29)
売り上げランキング: 1,871

スマートフォンに接続できる顕微鏡ないかなぁ。

タグ: , ,
News >モバイル

Xiaomi、Android One搭載デバイスをインドネシアで発売?

もとのMi5XもROM書き替えでAndroid Oneになったりするのだろうか?

News >モバイル

自分を360度撮影できる? Insta360が8月28日に発表する新製品のティザーを公開

人混みの中では撮影できなさそう感はあるけど面白そう。

back to top