米Amazon、消耗品を自動的に注文できるAmazon Dash Replenishment Serviceを開始

2016.1.20
スクリーンショット_012016_051159_AM

米AmazonがAmazon Dash Replenishment Service (DRS) を開始しました。

米Amazonでは以前から専用のボタンを押すと注文が行えるDushというサービスを行っていましたが、DSRはこのDushの発表時から開始が予定されていたサービスです。

米Amazon、ボタンひとつで商品を注文できる「Amazon Dash Button」を発表

ようするに専用のボタンを後付けするのではなく、製品にあらかじめDushの機能を組み込んでおくというもの。

なんだかDushに対応した専用製品を開発しなければいけないように思いますが、実際にはずっと簡単でインターネットに接続する機能さえあれば10数行のコードで実装できるということです。

例えば、プリンタのトナーが少なくなったら新しいトナーの注文を促す機能というのがすでにありますが、これを一歩進めて自動で注文できるようにするもの、と考えるとわかりやすいかも。

実際、BrotherやSamsungのプリンタがソフトウェアップデートでDSRに対応するほか、各社のペット用給餌機、サニタイザーなどが対応を表明しています。

DRSとまではいかなくてもいいので、日本でもDushを開始してくれないかなぁ。定期的に同じ商品を届けてくれる定期お特便はあるのだけど、微妙にタイミングがずれるときがあるのですよね。

(via The Next Web)
(source Amazon)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top