「次元を超えて、逢いにくる」ホログラムなキャラクターとコミュニケーションできるGateBoxのコンセプトモデル発表

2016.1.18
gatebox_image

ウィンクルがホログラムコミュニケーションロボット Gateboxのコンセプトモデルを発表しました。

広告

どんなものかは動画をみると一目瞭然ですが、双方向でコミュニケーションが出来るだけでなく、スマートホームのハブとして照明やテレビの電源を入れたり、ネットから天気予報を取得したりといったことが可能です。

またキャラクターは当初「逢妻ヒカリ(あずまひかり)」というオリジナルキャラクターのみですが、他のキャラクターを追加したり、アニメキャラクターとのコラボなども考えているとのこと。

「俺の嫁」と暮らせる日が来るのも近そうですね。タチコマとかも表示できないかなぁ。

Gateboxは2016年秋にクラウドファンディングでの予約を開始する予定で価格は10万程度になるようです。

(via CNet)
(source Gatebox)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

back to top