私がスマートウォッチに求める機能 実はたいしたことがなかった

2016.1.15
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カルチャージャパンのダニーさんが自作のハイブリッドスマートウォッチを紹介していました。

Hybrid Smartwatch

ダニーさんはもともとAmazonで働いていた時に本社のあるシアトルの時間とローカルな時間を同時に確認できるようにと2つの時計をつなげて使っていたということで、そのうちの一つをスマートウォッチ(Huawei Watch)に変更したら便利だったということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際にこれをやろうと思ったら重さが気になるところですが、NOMOSやWithings ActiviteとPebble Time Roundの組み合わせだったら気にならないかな?

そもそも2つも腕に付けて何をしたいのか、という話もあるので私が腕に付けるスマートウォッチやアクティビティトラッカに求めていることをまとめてみました。

重要度は◎が必須、○はできたら欲しい、△はなくてもいい、-は不要という感じです。

No. 求めること 重要度
1 時計表示(出来たらアナログで)
2 歩数のカウント
3 距離の計測
4 消費カロリーの計測
5 睡眠ログ
6 電話の着信通知
7 SMSの通知(内容表示も欲しいけど、通知だけでも可)
8 メールの通知(件名まで表示できるとベター)
9 ミュージックコントロール
10 アプリからの通知
11 アプリの実行
12 最低限、2~3日持つバッテリー
13 夜間でも時間を見やすい表示(バックライト)

こうやってみると、大した機能を欲しているわけではないんですよね。スマートウォッチの小さな画面でアプリを弄る気はしないのでそういったことは一切不要。表示機能としては時計とメールだけで十分です。

現状でもバッテリ持ち以外は大抵のスマートウォッチがクリアしています。手持ちの中で一番理想に近いのは、Gear S2とPebble Time Roundかな?

ただ単純にデザイン面で考えると、Withings Activiteがいいんですよねぇ。でもActiviteには通知系の機能がないし。

普通の時計のベルトに取り付けられる1行表示のディスプレイが付いた小さなデバイスがあるといいのだけど、ディスプレイ付きっていうのは見かけないですね。

ディスプレイはないけど、今一番期待しているのはChronosです。

普通の時計をスマートウォッチにしてしまう後付けデバイス、ChronosがPre-order開始

春に発売ということですが、早く出てこないかなぁ。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top