カシオ、MILスペックに準拠したアウトドア仕様のAndroid Wear WSD-F10を発表

2016.1.6 (更新日:2016.03.18)
Theme_jp

カシオがアウトドアを意識したAndroid Wearスマートウォッチ、WSD-F10を発表しました。

広告
wsd-f10-2

いままでありそうでなかったGショックっぽいスマートウォッチですね。カシオならではという感じです。

ディスプレイは1.32インチ、320 x 300で5気圧防水。MILスペックに準拠し耐衝撃性も備えます。

wsd-f10-1

サイクリング、トレッキング、フィッシングがメイン用途として想定されており、それぞれに特化した表示モードを持っています。気圧計も内蔵なのですね。

通常はAndroid Wearで動き、バッテリの時速時間は約1日となっていますが、Android Wearを停止し、時計としてのみ利用可能なタイムピースモードというのを搭載しています。このモードではモノクロで時計のみの表示となりますが、バッテリは1ヶ月以上持つそうです。

発売は3月下旬予定。価格は70,000円とのこと。

(source カシオ)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

back to top