ゲーム内のキャラクターが3Dのフィギュアになる!「Rinkak 3Dアバタープリント・ソリューション」発表 まずは「星のドラゴンクエスト」に搭載

2015.12.23
スクリーンショット_122315_022440_PM

株式会社カブクはゲーム内のキャラクターをゲーム上から直接3Dプリントできるサービス、Rinkak 3Dアバタープリント・ソリューションを発表しました。

広告

スクエアエニックスのスマートフォン向けゲーム「星のドラゴンクエスト」に同サービスを搭載するということです。

image_3

簡単にいうとゲーム内で装備やらなんやらで見た目をカスタマイズした自分のキャラクターをそのまま3Dプリントできるということです。これはなかなか面白そうですね。

もともと星のドラゴンクエストでは、11月にキャラクターの3Dプリントフィギュアをプレゼントするというキャンペーンを実施しており、これの人気が高かったことから同サービスのリリースが決まったようです。

unnamed

1月にも再度プレゼントキャンペーンを開催し、2月からゲーム内で3Dプリントの依頼が行えるようになるとのこと。

具体的な価格は不明ですが、5000円程度なら使ってみたいなぁ。星のドラゴンクエストやってないけど。

星のドラゴンクエストは第1弾ということなので、今後他のゲームにも搭載されていくと思います。

版権などの問題はあるのだろうけど、せっかくなので3Dデータの販売もしてほしいな。

(via CNet)
(source rinkak)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Essential、今度はUX責任者が退職。1か月で3人の役員が退職したことに・・・

円満退職なのかもしれないけど、今後が不安になります。

Amazon、Summer Sale 第2弾を開催中、8月22日まで

購入時に割引になっているか要確認。

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

back to top