motorolaのミドルクラス端末、moto G 3rdが国内でも発売

2015.12.21
moto G 3rd

Goo SIMSellerを展開しているNTTレゾナントが、motorolaのミドルクラス端末、moto G 3rdの取り扱いを発表しました。

1月12日以降発送開始で本日から予約販売が始まっています。価格は24,800円。

moto G 3rdは7月に北米向けで発表されていましたが、今回日本で出るのはインドで発売されているXT1550のようです。このXT1550は以前から技適が表示されており、国内でもでるのではないかと言われていました。

そんなmoto G 3rdのスペックは下記。

  • ディスプレイ:5インチ 1280 x 720
  • プロセッサ:Snapdragon 410 1.4Ghzクアッドコア
  • RAM:2GB
  • ストレージ:16GB + microSD(最大32GB)
  • カメラ:13MP/5MP
  • バッテリ:2,470mAh
  • サイズ:142.1 x 72.4 x 6.1 mm
  • 重さ:155g
  • NFC:非対応
  • Bluetooth 4.0LE
  • WiFi b/g/n(2.4GHz)
  • ネットワーク:LTE(1, 3, 7, 8, 28,40)、UMTS/HSPA+(900, 2100, 850 MHz)
  • IPX7 防水対応

海外版のモデルをそのまま持ってきているためなのか、LTE、W-CDMAとも対応バンドが微妙な感じです。

LTE Band 19、WCDMA Band 6ともに非対応なので、都市部以外ではもちろん、都市部でも圏外になる率は高そうな感じですね。

motorola自身が技適を通しているので、今後他のMVNOからも発売されると思いますが、相変わらずのミドルクラスというのが残念な気もします。どうせならハイエンドなモデルをSIMフリーで出してほしいのだけどなぁ。

(source NTTレゾナント)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

MENU

back to top