Google翻訳でStar Warsの言語Aurebeshへの翻訳が可能に

2015.11.30
スクリーンショット_113015_075404_AM

Google翻訳でStar Wars世界の言語、Aurebeshへの翻訳ができるようになりました。といってもアルファベットを対応した文字に置き換えるだけですけどね。

日本語からの変換も可能で、その場合は日本語をいったん英訳して、それをAurebeshに直しているようです。

なんだかすごいなぁとは思うけど、実はStar Warsって最初の細工品ぐらいしか見たことがないのであんまりピンとこないんですよね。

スクリーンショット_113015_075658_AM

先日は、「A long time ago in a galaxy far far away」と検索すると結果がStar Warsのオープニングのようになるというイースターエッグも発表(発表したらイースターエッグじゃないとは思うけど)されていましたし、ダークサイドかライトサイド、どちらかを選ぶとGoogleアプリの背景が変わるというのも実装されました。

ライトサイドかダークサイド、どちらかの陣営を選んでGoogleをスターウォーズ仕様に

Star Wars祭りはしばらく続きそうです。

(via Android Authority)
(source Google翻訳)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top