Googleの検索結果が賢くなり、複雑なクエリにも対応できるようになったと報告

2015.11.17
How the Google app understands complex questions

Googleが検索結果が賢くなっているという報告をおこなっています。

これまでもGoogleの検索結果は相当に賢かったと思うのですが、それはあくまでも膨大なデータベースの中から単語レベルで検索をおこなっていた結果です。

しかし、いまでは多少曖昧な質問に対しても、その質問の答えが載っていそうなリンクではなく、そのものずばりの答えを表示するようになったのだとか。

例として、「Who was the US President when the Angels won the World Series?(エンジェルスがワールドカップで優勝した時の米大統領は誰?)」というのが挙げられています。

google1

これを検索すると、結果として、ジョージ・W・ブッシュが返ってきます。

google2

また、「what was the world population in 2010?(2010年の世界人口は?)」という質問には6.9billionというそのものずばりの結果を表示してくれます。

なかなか便利になりましたが、残念ながらこれらは検索言語を英語に設定しないと使えず、日本語ではまだ従来通りのリンクが表示されるだけです。2バイト文字っていうのはこういうときの対応が面倒なんですかね。

いずれ日本語でも使えるようになると期待していますが、日本語の場合でも「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」についてはちゃんと答えを表示してくれます。

それはともかくとして、そのうち各個人に最適化されたパーソナルアシスタント的なものになっていくんでしょうかね。

(source Google)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

中国メーカーのVivo、MWC2017上海でディスプレイ内蔵指紋センサを搭載した端末を発表予定

ディスプレイ内蔵の指紋センサ、名称としてはインセル式?オンスクリーン?

雑記

都合のいい時間をあらかじめ指定できるクロネコヤマトの「Myカレンダーサービス」

去年から始まってたらしいけど、知らなかった。

雑記

高スペック低価格端末な2台、OnePlus 5とXiaomi Mi6を比較

Mi6のほうが素直な感じがしますが、買うならOnePlus 5かなぁ。

MENU

back to top