Sonyのベルトまで電子ペーパーを採用したファッションウォッチ、FES Watchが一般店頭販売を開始

2015.11.16
product_visual_06

Sonyが昨年、クラウドファンディングを通じて販売していたベルトまで電子ペーパーになっているFES Watchを一般店頭販売すると発表しました。

Sonyの電子ペーパーを使ったスマートウォッチはクラウドファンディングに出ているFES Watchだったようです

FES WatchはSony社内の新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれたプロダクトで、クラウドファンディングでの販売分のほか、First Flightsのサイトで販売されていました。

これが、11月21日からMoMAデザインストア、12月1日から伊勢丹新宿店で販売開始され、その後も販売店が増えるということです。

価格は29,700円。ちなみに、最初勘違いをしていたのですが、FES Watchはスマートフォンなどと連携する機能はありません。変更できる柄の追加も予定していないということです。

だれが買うんだろう?という気がしなくもないのですが、ファッションアイテムとしてはありなのかもしれません。

(source Sony)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

中国メーカーのVivo、MWC2017上海でディスプレイ内蔵指紋センサを搭載した端末を発表予定

ディスプレイ内蔵の指紋センサ、名称としてはインセル式?オンスクリーン?

雑記

都合のいい時間をあらかじめ指定できるクロネコヤマトの「Myカレンダーサービス」

去年から始まってたらしいけど、知らなかった。

雑記

高スペック低価格端末な2台、OnePlus 5とXiaomi Mi6を比較

Mi6のほうが素直な感じがしますが、買うならOnePlus 5かなぁ。

MENU

back to top