Surface miniは実在し、モレスキンのようだったとMicrosoft幹部が認める

2015.10.27
surface

昨年噂のあったMicrosoftの7インチタブレット、Surface mini。

マニュアルなどにも名前が登場し、発売は確実と思われていたのですが、発表直前にキャンセルされたという情報が流れ、結局世に出ることはありませんでした。

そしてすっかり忘れられかけていたSurface miniですが、Microsoftの副社長、Panos Panay氏がWiredのインタビューの中でSurface miniを自宅で使っていたことを明らかにしました。

Microsoftの幹部がSurface miniの存在を公に認めたのは今回が初めてのことです。

Panay氏はベッドサイドにSurface Penと共に置いておき、突然の思い付きやメールの下書きを書いていたそうです。

「モレスキンのような使いごこち」だそうで、だったら売ってくれよとも思うのですが、最近はファブレットなどの6インチクラスが増えてきており、さらにタブレットも10インチクラスが主流になってきている気がするので7インチクラスの端末を出さないと決定したMicrosoftの判断は正しかったのかもしれません。

(via The Verge)
(source Wired)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top