Surface miniは実在し、モレスキンのようだったとMicrosoft幹部が認める

2015.10.27
surface

昨年噂のあったMicrosoftの7インチタブレット、Surface mini。

広告

マニュアルなどにも名前が登場し、発売は確実と思われていたのですが、発表直前にキャンセルされたという情報が流れ、結局世に出ることはありませんでした。

そしてすっかり忘れられかけていたSurface miniですが、Microsoftの副社長、Panos Panay氏がWiredのインタビューの中でSurface miniを自宅で使っていたことを明らかにしました。

Microsoftの幹部がSurface miniの存在を公に認めたのは今回が初めてのことです。

Panay氏はベッドサイドにSurface Penと共に置いておき、突然の思い付きやメールの下書きを書いていたそうです。

「モレスキンのような使いごこち」だそうで、だったら売ってくれよとも思うのですが、最近はファブレットなどの6インチクラスが増えてきており、さらにタブレットも10インチクラスが主流になってきている気がするので7インチクラスの端末を出さないと決定したMicrosoftの判断は正しかったのかもしれません。

(via The Verge)
(source Wired)

タグ: ,

back to top