GoogleのWiFiルータ、OnHubの効果がすごかった

2015.9.26
2015-09-26 22.23.10

GoogleとTP-Linkが先月発表したWiFiルータ、OnHubを購入してみました。

今回は1Shopmobileで購入ですが、トータルで$279+国内消費税2,080円がかかりました。米Amazonあたりで購入して転送業者を通したほうが安かったかも。

詳細なレビューは別途書きますが、とりあえず、13本のアンテナを内蔵し、空きチャンネルの検索や帯域調整を自動で行ってくれるOnHubを使って我が家のWiFi環境がどう変わったかを紹介したいと思います。

以前からこのブログを読んでくれている人なら、たびたびWiFi環境の改善に取り組んでいることを承知していてくれるかもしれませんが、無線APをフレッツ光のルータ(PR-500KI)に変更してから無線が繋がりにくくなり、無線中継器を導入するなどの努力を行っていました。

家の中のWiFi環境を改善するため、WiFi中継器を購入してみた

結果として改善はしていたのですが、OnHub導入により、いままでの努力はなんだったのかという感じになっています。

そんなわけで、まずは結果です。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

測定個所は上記の5か所。もちろん今回は中継器は使っていません。図は前回の使いまわしです。OnHubの設置場所は図のルータの位置です。

本当はこの中継器のあと、5GHzも使える中継器に交換しているのですが、そのときの計測結果を残していなかったので、比較として以前のものを記載しています。

ちなみに物置は現在片づけられて、奥さんと娘さんの部屋になっています。

測定箇所 以前(Down) 以前(UP) OnHub(Down) OnHub(UP)
①子供部屋 28.68Mpbs 24.20Mbps 77.43Mpbs 74.76Mbps
②リビング 9.51Mbps 1.58Mbps 61.48Mpbs 46.58Mbps
③自室 10.98Mbps 13.32Mbps 58.37Mpbs 16.09Mbps
④物置 5.10Mbps 3.55Mbps 42.40Mbps 10.78Mbps
⑤浴室 4.34Mbps 2.70Mbps 42.40Mbps 10.78Mbps
onHub_092615_102954_PM

この結果をみると、OnHubがすごいというよりも、フレッツ光のルータ(PR-500KI)を無線APとして使うのがそもそも間違ってた気がしてきました……。

もちろんOnHubを使っても常時この速度がでるというわけではなく、帯域調整その他が行われた結果なので、同時に動画視聴なんかをしていたらもっと遅くなるとは思います。

それでも繋がらなかったところが問題なくつながるし、設定もほぼ不要だしで、OnHubすごいなぁっと感心し切りです。

これ、日本でも出してくれないかなぁ。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top