Dropboxの共有フォルダをmicroSDカード上に作成する方法

2015.8.18 (更新日:2016.03.02)
2015-08-17 21.50.43

現在メインで使っているSurface Pro 3はストレージが256GB。もろもろインストールして常時ストレージは100GBくらいは空いているのですが、Dropboxを使うとあっという間にストレージが埋まってしまいます。

Dropboxも選択共有にはしているのですが、あまり絞りすぎると使い勝手が悪くなるし……。

ということで、Surfaceに128GBのmicroSD(SDXC)を挿して、そこにDropboxの共有フォルダを作ってみました。

ただ、DropboxはmicroSDなどリムーバブルメディアには直接共有フォルダを作らせてくれません。そこで、実体はmicroSD上に作成し、ローカルストレージ上にシンボリックリンクを作成するという方法を使います。

広告

準備 Dropbox共有の一時停止

dropbox1

まず下準備として、Dropboxの共有を一時停止します。

dropbox2_081815_053602_AM

さらにアカウントのリンクを解除しておきます。リンクの解除は不要かもしれませんが、一度Dropboxフォルダを削除してしまうので、クラウドのファイルが削除されるのを防ぐためです。

そして、再度アプリ上からログインし、直後に同期を停止します。

無駄なことをしていうように感じますが、下記にあるシンボリックリンクを作成したあとにログインをするとシンボリックリンクが削除されてしまうようなので、こうするとうまくいきました。

シンボリックリンクの作成

通常、Dropboxのフォルダは、「C:\Users\アカウント\Dropbox」になっていると思いますが、そのフォルダを削除します。

そして、microSDなどDropboxフォルダを作成したい場所(ここではD:\とします)に「Dropbox」というフォルダを作成しておきます。

dropbox3

そうしたら、コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ(検索から「CMD」で検索して、コマンドプロンプトの上で右クリック)て、シンボリックリンクを置きたい場所(C:\Users\アカウント)に移動し、下記コマンドを実行します。

mklink /d Dropbox D:\Dropbox

これで、「C:\Users\アカウント」にDropboxというシンボリックリンク(実体はD:\Dropbox)が出来上がります。

Dropboxの同期を再開

これで同期を再開すると、microSD上(D:\Dropbox)にファイルが作成されていくはずです。

本当はDropboxのアプリがリムーバブルメディア上にファイルを置かせてくれれば、こんな手間をかける必要もないのですけど、そこは何かしらの問題があるのでしょう。ということで、同期を始めた後は、少なくともネットにつながった状態でメディアの取り外しはしないほうが良いと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

back to top