iFixitがOnePlus 2を分解 修理しやすさは10段階中の7

2015.8.14
xPJNydjYWkqOax13

様々なガジェットを分解してはその修理のしやすさを評価しているiFixitが発売されたばかりのOnePlus 2をさっそく分解しています。

広告
JVjFJWSnYcNBdxw5

背面カバーは接着されておらず、爪で固定されているだけということです。木製とかのバックプレーと交換に対応するためなんでしょうね。

P3MI1jInHEueBbXD

バックカバーの下にねじ止めされたミッドフレームがあり、それを外すとバッテリにアクセスできます。バッテリはOnePlus Oneよりも交換しやすいとのことです。

PJ1UEMp3JEPNPoSE

そして気になるUSB Type-Cのコネクタですが、基盤固定ではなくフレキシブルケーブルに取り付けられているとのこと。交換のことを考えると安価にすんで良さそうです。

IlcADk53LCCUUE3U

修理しやすさを示すリペアスコアは10段階中の7と高評価。

各パーツがモジュール化されているという点が高く評価されています。反面、ディスプレイとデジタイザが一体になっているという点で評価を落としています。これは最近のスマートフォンはみんな同じですね。

(source iFixit)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

News >その他

「君の名は」DVD・Blue-ray発売開始、動画配信も26日からスタート

やっとという感じ。これで好きなだけ見ることができます。

back to top