iFixitがOnePlus 2を分解 修理しやすさは10段階中の7

2015.8.14
xPJNydjYWkqOax13

様々なガジェットを分解してはその修理のしやすさを評価しているiFixitが発売されたばかりのOnePlus 2をさっそく分解しています。

JVjFJWSnYcNBdxw5

背面カバーは接着されておらず、爪で固定されているだけということです。木製とかのバックプレーと交換に対応するためなんでしょうね。

P3MI1jInHEueBbXD

バックカバーの下にねじ止めされたミッドフレームがあり、それを外すとバッテリにアクセスできます。バッテリはOnePlus Oneよりも交換しやすいとのことです。

PJ1UEMp3JEPNPoSE

そして気になるUSB Type-Cのコネクタですが、基盤固定ではなくフレキシブルケーブルに取り付けられているとのこと。交換のことを考えると安価にすんで良さそうです。

IlcADk53LCCUUE3U

修理しやすさを示すリペアスコアは10段階中の7と高評価。

各パーツがモジュール化されているという点が高く評価されています。反面、ディスプレイとデジタイザが一体になっているという点で評価を落としています。これは最近のスマートフォンはみんな同じですね。

(source iFixit)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top