iFixitがOnePlus 2を分解 修理しやすさは10段階中の7

2015.8.14
xPJNydjYWkqOax13

様々なガジェットを分解してはその修理のしやすさを評価しているiFixitが発売されたばかりのOnePlus 2をさっそく分解しています。

広告
JVjFJWSnYcNBdxw5

背面カバーは接着されておらず、爪で固定されているだけということです。木製とかのバックプレーと交換に対応するためなんでしょうね。

P3MI1jInHEueBbXD

バックカバーの下にねじ止めされたミッドフレームがあり、それを外すとバッテリにアクセスできます。バッテリはOnePlus Oneよりも交換しやすいとのことです。

PJ1UEMp3JEPNPoSE

そして気になるUSB Type-Cのコネクタですが、基盤固定ではなくフレキシブルケーブルに取り付けられているとのこと。交換のことを考えると安価にすんで良さそうです。

IlcADk53LCCUUE3U

修理しやすさを示すリペアスコアは10段階中の7と高評価。

各パーツがモジュール化されているという点が高く評価されています。反面、ディスプレイとデジタイザが一体になっているという点で評価を落としています。これは最近のスマートフォンはみんな同じですね。

(source iFixit)

タグ: ,
News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

News >モバイル

HUAWEI MATE 10は10月16日ドイツで発表、招待状の送付を開始

なんでドイツなんだろう?ライカのお膝元だから?

News >モバイル

Zeissレンズを搭載したハイエンドモデルNokia 8発表。Snpadragon 835にデュアルカメラ搭載

相変わらずNokiaっぽくないデザインだけど、ちょっと気になる。

back to top