Google翻訳のカメラで写した標識等のリアルタイム翻訳機能が27ヵ国対応に

2015.7.30
hindi_indonesian_ukrainian_portuguese

標識などにカメラを向けると、そこに書かれている内容を認識し、翻訳して再表示してくれるinstant visual translationという機能がGoogle 翻訳にはありますが、これは従来7か国でのみ利用可能でした。それが、トータル27か国で利用できるよう、アップデートが行われました。

残念ながら日本語への変換は非対応ですけど。

日本語へのシームレスな変換はできませんが、非英語圏(例えばドイツやフランス等)へ行った時などは英語に直せるだけでも便利そうですね。

外国語を覚えなくても、グラスウェア等で見たもの聞いたものがリアルタイムで翻訳されていく未来まで、もう少しかな?

(via Android Authority)
(source Google)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top