GoogleはAndroidのタッチ応答性を測定するのにロボットを使っている事が判明

2015.6.29

GoogleがAndroidとChrome OSデバイスのタッチ応答性を測定するためにロボットを使用していることを明らかにしました。

広告

なんて書くとものすごく仰々しいハイテクメカを使っている雰囲気がありますが、見た感じではそれほどハイテク感はありませんね。誰かがレゴで再現しそうな雰囲気もあります。

このTouchbotというロボット、フィンランドのOptoFidelityにより開発されたそうで、そのコードはオープンソースとして公開されています。

なお、ここで行われているテストは「crostouchlatency.appspot.com/」で実際に試すことも可能です(PCからだと良くわからないのでスマートフォンからのアクセスを推奨)。

ところでこのテストって、デバイスによって顕著な差が出たりするんですかね?

いくつかのデバイスで試してみたいけど、客観的に測定する方法はあるかな?2つ並べて同時にタップすればいける?

(via Android Central)
(source Google+)

タグ: , ,

back to top