ニューラルネットワークによる画像の解釈がちょっと怖い

2015.6.22
building-dreams

AppleのSiriやGoogleのGoogle Now、MicrosoftのCortanaなどAIの進歩が著しいですが、そんなAIが芸術を理解する日も近いかもしれません。

広告

Googleが「画像に何が写っているか」をAIに理解させる取り組みとして、ニューラルネットワークに画像を放り込むと、そのネットワークが見ている画像が出力されるという実験を行っています。

skyarrow

例えば、左側の空の画像を入力すると右の画像が出てきます。

Funny-Animals

羊だか犬だか貝だかのよくわからないものが見えているようです。

なんていうか、怖いよ。

ibis

また、こんな感じで抽象画のような趣になるものも。

これなら芸術としてアリな気もします。

Googleのサイトには、他にも不気味なものからちょっとファンタジックで芸術的なものまで多くの例が掲載されています。

そして偶然なのか必然なのか、Facebookでも同じような取り組みをしているようです。

そのうち、AIが自分で絵を描く時代が来るのかもしれませんね。

(via the next digit)
(source Google, facebook(pdf))

タグ: , ,

back to top