ニューラルネットワークによる画像の解釈がちょっと怖い

2015.6.22
building-dreams

AppleのSiriやGoogleのGoogle Now、MicrosoftのCortanaなどAIの進歩が著しいですが、そんなAIが芸術を理解する日も近いかもしれません。

Googleが「画像に何が写っているか」をAIに理解させる取り組みとして、ニューラルネットワークに画像を放り込むと、そのネットワークが見ている画像が出力されるという実験を行っています。

skyarrow

例えば、左側の空の画像を入力すると右の画像が出てきます。

Funny-Animals

羊だか犬だか貝だかのよくわからないものが見えているようです。

なんていうか、怖いよ。

ibis

また、こんな感じで抽象画のような趣になるものも。

これなら芸術としてアリな気もします。

Googleのサイトには、他にも不気味なものからちょっとファンタジックで芸術的なものまで多くの例が掲載されています。

そして偶然なのか必然なのか、Facebookでも同じような取り組みをしているようです。

そのうち、AIが自分で絵を描く時代が来るのかもしれませんね。

(via the next digit)
(source Google, facebook(pdf))

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

背面が透明なGalaxy S8を作る方法。フィルムさえ剥がせれば意外と簡単そう

透明で中が見えるシースルーなガジェットというのはいつの時代もなかなかに魅力的なもの。今回は発売されたばかりのGalaxy S8の背面をシースルーにするハックがYouTubeで公開されています。 ガラスバックを採用している ...

最大60%オフ! PlayStation VRタイトル 期間限定セール開催中

PlayStation Storeが期間限定でPlayStaion VRのタイトルを最大60%オフとするセールを開催しています。 PlayStation VRタイトル 期間限定セール サマーレッスンが含まれていないので、 ...

News >モバイル

QWERTYなBlackBerry Keyone、北米での販売は5月31日と発表

英国では5月5日に一部の小売店でごく少数の販売、それ以外は5月22日以降になるというBlackBerry Keyoneですが、米国およびカナダでの発売が5月31日になると発表されました。 関連:BlackBerry Ke ...

ABOATの高品位なUSB Type-C to Type-Aケーブルをレビュー。ナイロン被覆に金メッキ、端子カバーはアルミ製

ABOATさんのご厚意で、USB Type-C TO Type-Aケーブルをご提供頂きました。ナイロン編の被覆で取り回しがしやすいケーブルです。 ナイロン編みの被覆に金メッキの高品質ケーブル ケーブルは1mの長さで2本組 ...

NuAns Neo [Reloaded]がIndiegogoでキャンペーンを開始。今回は成功なるか?

AndroidになったNuAns Neo [Reloaded]がクラウドファンディングのIndiegogoでキャンペーンを開始しました。米国内での販売が目的なのでしょう。 関連:AndroidになったNuAns NEO ...

MENU

back to top