通勤定期と回数券、どっちが割安になるのか?

2015.6.10
DSC_0341_061015_071818_AM

通勤に使っている6か月定期が切れるのですが、最近出張が多いし、このまま定期を更新するより回数券などにしたほうが安いのではないか?ということでちょっと調べてみました。

普通に通勤した場合の金額

まずは基準となる交通費ですが、片道539円、往復1,078円でした。

何日通勤すれば元がとれるのか

で、通勤定期を何日使えば元がとれるのかですが、簡単に計算してみます。

6か月定期の金額が91,120円なので、これを往復の交通費で割ります。

91,120円 ÷ 1,078円 = 約84.5

6か月定期なので84.5を6で割ると、1か月あたり14日通勤すれば元はとれることになります。

月の稼働が20日とすると、最近は月の半分は出張してるし、元が取れるかは微妙なラインですね。

回数件の場合

回数券の場合だとどうなるか。

通勤経路はJRと京王に分かれていますが、どちらも10回分の金額で11回分の乗車が可能です。

ただ、切符運賃はICカードの運賃よりもちょっと高くて片道550円となります。

なので、11枚つづりの回数券が5,500円。1回あたり500円。

片道39円、往復で78円安くなります。

月10日使うとして、差額は780円。

そこそこな差になりますね。

結論:回数券を使うのが面倒でなければ回数券

そんなわけで、回数券を使うのが安く上がりそうではあるのですが、Suicaに慣れてしまった身としては、毎回回数券を出すのが面倒そうで……。

とりあえず1ヶ月くらいは回数券を使ってみるかなぁ。Suicaに回数券機能(運賃を先払いしておく)があるといいのに。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォン向けアプリ第3弾として、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が発表されました。 配信予定は2月2日となっています。 既存のファイアーエムブレムシリーズの移植ではなく、スマートフォ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazonがスタートアップの製品のみを掲載する「Amazon Launchpad」を日本でもスタートさせました。 Amazon Launchpadはスタートアップ企業が手掛ける製品のみを扱う特...

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobileが国内のAndroid One第2弾となるAndroid One S1、S2を発表しました。 国内Android Oneの第2弾 Android Oneは、NexusやPixe...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

MENU

back to top