通勤定期と回数券、どっちが割安になるのか?

2015.6.10
DSC_0341_061015_071818_AM

通勤に使っている6か月定期が切れるのですが、最近出張が多いし、このまま定期を更新するより回数券などにしたほうが安いのではないか?ということでちょっと調べてみました。

普通に通勤した場合の金額

まずは基準となる交通費ですが、片道539円、往復1,078円でした。

何日通勤すれば元がとれるのか

で、通勤定期を何日使えば元がとれるのかですが、簡単に計算してみます。

6か月定期の金額が91,120円なので、これを往復の交通費で割ります。

91,120円 ÷ 1,078円 = 約84.5

6か月定期なので84.5を6で割ると、1か月あたり14日通勤すれば元はとれることになります。

月の稼働が20日とすると、最近は月の半分は出張してるし、元が取れるかは微妙なラインですね。

回数件の場合

回数券の場合だとどうなるか。

通勤経路はJRと京王に分かれていますが、どちらも10回分の金額で11回分の乗車が可能です。

ただ、切符運賃はICカードの運賃よりもちょっと高くて片道550円となります。

なので、11枚つづりの回数券が5,500円。1回あたり500円。

片道39円、往復で78円安くなります。

月10日使うとして、差額は780円。

そこそこな差になりますね。

結論:回数券を使うのが面倒でなければ回数券

そんなわけで、回数券を使うのが安く上がりそうではあるのですが、Suicaに慣れてしまった身としては、毎回回数券を出すのが面倒そうで……。

とりあえず1ヶ月くらいは回数券を使ってみるかなぁ。Suicaに回数券機能(運賃を先払いしておく)があるといいのに。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top