ネットで話題になっていた持ち運べる水を作ってみた

2015.6.7
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し前に話題になっていた容器のいらない持ち運べる水「Ooho!」。それと同種のものの作り方が公開されていたので、せっかくなので作ってみました。

1. 材料

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • アルギン酸 1g
  • 乳酸カルシウム 5g
  • 水 カップ5杯(1リットル)

アルギン酸も乳酸カルシウムもなじみが薄いですが、アルギン酸は食物繊維の一種、乳酸カルシウムは食品添加物でどちらも食べられます。

薬局などで売っていると思いますが、両方ともAmazonにあったのでこちらで購入しました。

アルギン酸ナトリウム50g
リッチパウダー
売り上げランキング: 672
国産L型発酵・乳酸カルシウム顆粒500g
大東物産株式会社
売り上げランキング: 3,799

2. タネ作り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、水1カップにアルギン酸1gを入れよく混ぜます。

このとき、かなり混ざりにくいのでハンドブレンダーなどを使ったほうがいいです。

混ぜ終わったら気泡が抜けるまでしばらく待ちます。このときの状態はちょっと濃い目の水溶き片栗粉という感じで味もそんな感じです。

3. 受け側の準備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に、大きめのボールに水4カップを入れ、乳酸カルシウム5gを投入。こちらは比較的簡単に溶けるので、スプーンなどで混ぜるだけでOKです。

4. 水玉の出来上がり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3.の中に2.をスプーンやオタマですくって入れます。この時の入れ方で、出来上がりの形がほぼ決まってしまいますが、あとはゆっくりと混ぜると多少丸くなる気がしなくもないです。

そうしてしばらく(3分程度)置いておくと、水玉の出来上がりです。

5. 飲んでみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この水玉、ゼリーのようになっているわけではなく、固まっているのは周囲だけで中身は液体です。

一応つまんで持てますが、膜が薄いのでうっかりするとすぐに破れてしまいます。

で、せっかくなので中身を吸って飲んでみましたが……まずいです。水溶き片栗粉を飲んでいるような感じ。

これは、イマイチかなぁ。おいしくなくてもいいけどせめて水の味なら……。この膜だけをうまく使って中身を好きなものを入れられるようになったら実用的かも。それを目指しているのがOoho!なのかもしれないけど。

とりあえず、当面は水の持ち運びは水筒でいいかな。

Platypus(プラティパス) プラティパス 2  25601
Platypus(プラティパス) (2011-03-08)
売り上げランキング: 854
タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top