Amazonの買取サービスを利用してみたけど、梱包が自前だったのがちょっと意外

2015.6.6
Amazon買取サービス

先日から始まったAmazonの本の買い取りサービス。とりあえず手元にあった本をいくつか買い取ってもらうことにしました。

Dream Seed » Amazon、本の買い取りサービスを提供開始

買い取りの申し込みは簡単

スクリーンショット_060615_105307_AM

Amazonで購入したものなら、買取サービスのトップページで対象商品が自動的に表示されます。表示される金額は、その商品の買い取り上限額です。

Amazonで購入したけどここに表示されていないというものは、買取対象外です。

スクリーンショット_060615_092000_AM

本は小説や自己啓発本などは直近のものでも対象外のケースが多いようです。反対にリファレンス的な本は少し前のものでも買取対象になっているようです。ただ、オライリーの本は対象外っぽい。なんでだろう?

スクリーンショット_060615_105938_AM

買取商品は1つずつコンディションを選択します。

スクリーンショット_060615_110139_AM

「非常に良い」のコンディションは条件が厳しいですね。

ここで選択したコンディションをもとにAmazonが買取査定を行いますが、たとえば自分では「非常に良い」だと思ったけどAmazonの査定では一つ下の「良い」だった場合、「良い」の金額で買い取るか、買取はせず返品するかをあとで選ぶことができます。自分の申告よりもAmazonの査定が上だった場合には自動的に評価が良いほうの金額で買い取りをしてくれます。

なので、金額にかかわらず買取を依頼するなら低めの査定にしておいてもいいかもしれません。

Amazon以外で購入したものも買取OK

Amazon以外で購入したものでも、買取対象商品であれば買取OKです。

スクリーンショット_060615_110646_AM

検索はタイトルだけでなく、ISBNやJANコードでも大丈夫です。

DVDはアニメが高め

スクリーンショット_060615_094112_AM

今回、本のついでにDVDの買取も申し込んでみましたが、アニメDVDが総じて高めのようですね。サマーウォーズも1130円の値がつけられています。

映画ではホビットが高めですね。ただ、ゲームオブスローンの第1期DVDセットは買取対象外となっていました。基準がわからないなぁ。

集荷は佐川急便

スクリーンショット_060615_094310_AM

対象商品を一通り登録したら、実際に買取の申し込みを行います。

まず、集荷の日時を選ぶのですが、朝一で依頼しても集荷に来てくれるのは明日以降となるようです。この辺はAmazonらしからぬスピード感のなさですね……。

持ち込みもできないので、正直ちょっと面倒です。せめてその日の内に集荷に来てくれないものか。

あと、初回は必ず銀行振り込みになります。これは本人確認のためのようです。2回目以降はAmazonギフト券での支払いになるとのこと。

梱包は自前

スクリーンショット_060615_094619_AM_060615_111227_AM

そんな感じで申し込みは完了です。

そしてここで初めて気が付いたのですが、梱包は自前なのですね。てっきり集荷に来た時にダンボールも持ってきてくれて放り込むだけだとおもっていたのだけども。

また、身分証明書(免許証とか保険証とか)のコピーと、買取申し込み書を印刷したものも添付する必要があります。申込書については、「プリンターがない場合」で示される情報を書いた紙でもいいそうです。

あとは集荷を待つだけ

とりあえず梱包も済ませて、あとは待つだけなのですが、思っていたよりも手間がかかりました。

とくに梱包は、自前でやるのは面倒ですね。せめて集荷依頼時にダンボールも用意してくれるなどのオプションが欲しいです。

今回はちょうどいいサイズのダンボールがなくて慌てました……。

現状だと気軽に売るという感じではなく「よし売ろう!」と思い立たないと利用しづらいかな。

そんなわけで、実際に買い取ってもらえたらその報告もしたいと思います。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

MENU

back to top