ドールがしゃべる未来もすぐにくる? docomoとタカラトミー、自然な会話が可能なOHaNASを共同開発

2015.6.4
ohanas

タカラトミーが自然な会話を楽しめるというコミュニケーションロボット、OHaNASを発表しました。

モノとしてはよくあるタイプのものですが、スマートフォン経由でWEBから情報を検索し、会話に活かすことが可能です。

その仕組みとして、docomoのひつじな執事、しゃべってコンシェルの技術が応用されているとのこと。要するにしゃべってコンシェル(やSiri、Google Now、Cortana)などのエージェントを3次元に持ってきたものという感じです。動きはしないみたいだけど。

04_00-2

自然言語による会話はなかなかに優秀なようで、一般的な応答だけでなくキャラクター風味の独特なしゃべり方も可能なんだとか。

これは応用範囲広そうですね。まずはタチコマかな。

ただ、あえて立体物にする必要性もないような……。ワンチップとかに凝縮してドールやぬいぐるみに仕込むというのならわかるけど。

そんなOHaNASは10月に発売予定です。

ところで、OHaNASという名称、「おはなしにはながさく」というといころから来ているらしいですが、最初見たときNAS(ネットワークストレージ)が話すのかと思った。

(source タカラトミー, docomo)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top