2015.5.31

常に身に着けているスマートウォッチなどを綺麗に手入れする方法

P5310429_053115_072519_PM

Apple Watchも発売されて、スマートウォッチやアクティビティトラッカの注目度が増していますが、基本的に四六時中身に着けているものだけに、これからの季節は汗をかいたりして汚れも気になるところです。

広告

防水のガジェットなら流水で洗ってしまう(やわらかめの歯ブラシとかを併用するとなお可)というのも手ですが、全部が全部防水機能付きというわけでもないですし、皮脂汚れは流水でも落ちにくいものです。

そんなときに活躍してくれるのが、Cyber Cleanと無水エタノール。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずCyber Cleanですが、いわゆるスライムです。粘着性があるシリコン製で細かい隙間にももぐりこんで汚れを吸着してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じでむぎゅっと押し付け、

P5310433_053115_072654_PM

ぺりぺりっとめくると汚れが引っ付いてきます。

メタルやメッシュバンドなど細かい隙間が多いものにも使いやすいです。

ただ、これでとれるのはほこりやこびりついていない汚れだけで、擦らなきゃ落ちないようなこびりついた皮脂汚れは綺麗にできません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなときに役に立つのが無水エタノール。読んで字のごとく、水分をほとんど含んでいないため、掃除後に水が残って機器をショートさせてしまう……という危険性が少ないのが特徴です(主成分のエタノールは揮発してしまいます)。

ガジェット類の皮脂汚れをはじめ、机上の汚れならほぼ綺麗にすることができるという万能兵器です。

写真のようにアルコールディスペンサーなどに入れて机の上あるいは引き出しの中に装備しておくと使い勝手がいいのでお勧めです。

エタノールをとるのはティッシュなどでもいいのですが、繊維が残らないキムワイプが便利です。細かいところには綿棒を使っちゃうけど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなわけで、掃除後の写真がこちら。だいぶ綺麗になりました。

これからの季節、食中毒とかも気になるし、こまめに掃除をしときましょう。

タグ: , ,

back to top