PC TV with nasneがSeeQVaultに対応したのでカードリーダとmicroSDを購入してAndroidで使ってみた

2015.5.27
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PC TV with nasneがSeeqVaultに対応したということで、せっかくなのでSeeqVault対応のmicroSDカードリーダと対応miroSDカードを購入してみました。

SeeQVaultとは?

これまで地デジ番組などをPCやスマートフォンに書き出す際、SDカードのような外部メモリは使用することができませんでした。これはコンテンツ保護という観点からの施策ではありますが、たとえばスマートフォンに書き出す際、複数の端末で見るためにはそれぞれ別々に書き出さなければなりませんでした。これは面倒というだけでなく、書き出し回数が決められている録画番組で、端末台数分書き込み回数を消費してしまうという問題をはらんでいます。

地デジは10回書き出しができる(ダビング10)ので問題ないといえばないのかもしれませんが、例えばスカパーのように書き出しが1回しかできない(コピーワンス)場合には大問題となります。

これを解決してくれるかもしれないのがSeeQVaultで、SDカードなどの外部メディアにセキュリティチップを内蔵することでそこに書き出しを行えるようになります。

こうすることで、複数の機器でSDカードに書き出した番組を視聴できるというメリットが生まれるわけです。

使い方

SeeQVault

肝心の使い方ですが、その前にSeeQVault対応カードリーダMRW-BS1の説明。

上の写真のように3つのパーツに別れますが、一番上はただの蓋です。

真ん中はmicroUSBとUSBの変換アダプタ。

一番下のパーツが本体で、ここにmicroSDを差し込みます。

書き出しを行う機器や再生を行う機器がSeeQVaultに対応していればこのカードリーダーは不要なのですが、今回使うnasne自体は非対応なので、これを使います。

スクリーンショット_052615_094408_PM

使い方といっても難しいことはなく、PC TV with nasneをアップデートして、書き出したい番組を選ぶだけです。

スクリーンショット_052615_094434_PM

この時、SeeQVault対応のmicroSDを挿したSeeQVault対応のカードリーダーをPCに取り付けていると、書き出し先としては通常は選べないSDカードが選択肢に出てきます。

スクリーンショット_052615_094509_PM

あとは書き出しをするだけなのですが、この時、PCがインターネットに接続している必要があるようです。

著作権の確認等々をやっているんですかね?

罠に注意

スクリーンショット_052615_095438_PM

そしてここに罠が潜んでいました。書き出しが失敗しまくります。

エラーによってムーブ回数が減ることがなかったのが唯一の救いですが、感覚的には10回中9回失敗するような感じですね。

書き出し時のオプションでSDを初期化してからというのを選んでも初期化以前に失敗していたので、上で書いた著作権確認などの部分で引っかかっているんじゃないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな難関を乗り越えて、めでたく書き出しができたら、あとはAndroidなどで再生が可能です。

Androidで再生するには、専用アプリ(SeeQVaultプレーヤー)が必要です。

そしてここでも注意なのですが、初めてMRW-BS1を端末に挿して使う場合には、書き出しの時のようにインターネットに接続してのアクティベーションが必要になります。一度やってしまえば不要になりますが、この作業(自動で済みますが)は端末毎に必要です。

飛行機の中でいざ見ようと思ったらアクティベーションできずに視聴不可……なんてことにならないように注意しましょう。

結局使えるの?

最近はMLPlayer for DTVやTwonkybeamなどnasneからムーブ可能なAndroidアプリが出てきているので、あえてこのSeeQVault対応機器を使う必要はないようにも思いますが、書き出し回数を消費せず複数の機器で見れるというのは、意外と便利です。

対応のSDカードを複数用意すれば番組を保存しておくこともできますし。

ただ、書き出しの失敗をなんとかしてくれないと使う気が萎えていきますね。いずれ解消されるとは思うけど……。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top