Samsungのファブレットを組み込んで使うノートPC型ドックはデュアルOSをサポート

2015.5.26
6a0168e68320b0970c01b7c78f3b84970b-800wi_052615_055038_AM

Smasungが米国で出願した、スマートフォン(ファブレット)をノートPCのように使用する特許が公開されています。

なんかいつかどこかで見たような内容ではあるのですが、従来のものと違うのは、デュアルOS使用になっている点です。

たとえば、Androidとして使用しているスマートフォンをラップトップ型のドックに接続するとWindowsが起動する、という感じです。

motorolaも以前、Webtopというこの手のデバイスをリリースしていましたが、2年以上前にサポートを終了しています。

Dream Seed » MotorolaのWebtop 終了のおしらせ

Webtopは基本はAndroidでラップトップ型のドックに接続した場合にはノートPCのような環境で使える(でも中身はAndroid)というものでした。

今回のSamsungの特許では、スマートフォンのOSを使うのではなく、別OSを立ち上げるという点が面白いですね。特許的には、Windowsに限らず他のOSでもいいし、スマートフォンのOSをそのまま利用することも可能だそうです。

ストレージ等々はスマートフォンのものをそのまま利用するということで、ノートPCに見える部分はディスプレイとキーボードだけという感じ。これなら安くできるのかも。

でも、わざわざスマートフォンを組み込んでWindowsを立ち上げるメリットってなにかあるんでしょうかね?

(via SamMobile)
(source patentlymobile)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

MENU

back to top