SandiskのmicroSDXCの違いがわからなかったので調べてみた

2015.5.25
Sandisk

私が購入したSurface Pro 3は内蔵SSDが256GBのモデル。これまで使っていたmac miniは256GBのSSDのほかに500GBのHDDも増設していたので、ちょっとだけ容量が心もとないです。

広告

クラウドを活用する予定とはいえ、ローカルの容量が多いのに越したことはありません。

幸いSurface Pro 3はmicroSDXCに対応しているので、128GBのmicroSDXCを挿してみようかとネットで価格を調べてみたのですが、なんか同じSandiskの128GBでも値段がバラバラ……。

そんなわけで少し調べてみたのですが、せっかくなので、その結果を載せておきます。

以下、すべてmicroSDXC 128GBで、どれもclass 10、UHS-1対応となります。

  • SDSDQUAN-128G-G4A
    • 欧州、アジア、南米、中央、アフリカ版
    • 読み込み最大48MB/s 書き込みはこれ以下
    • 価格:9,000円~10,000円前後
    • 海外パッケージ版として売られているものはだいたいこれっぽい。
    • 国内では原則、初期不良以外無保証
  • SDSDQUA-128G-A46A
    • 米国版
    • 読み込み最大48MB/s 書き込みはこれ以下
    • 価格:9,000円~10,000円前後
    • SDSDQUAN-128G-G4Aと同じもの。
  • SDSDQUL-128G-J35A
    • 日本版
    • 読み込み最大30MB/s 書き込みはこれ以下
    • 価格:20,000円~25,000円前後
    • 安心の国内永久保証
  • SDSDQUP-128G-J35A
    • 日本版
    • 読み込み最大40MB/s 書き込みはこれ以下
    • 価格:25,000円前後
    • Ultra PLUSというシリーズ(これ以外はUltraシリーズ)
    • 安心の国内永久保証

国内版はなぜか48MB/sがないのですよね。なんでだろう?

それにしても価格差が激しいですね。気持ち的には保証有りのほうを買いたいけど、倍近い価格差にメリットを見いだせるか……。

なお、国内保証ありの128GBだと、TeamのmicroSDXCが最安っぽいです。

概ね10,000円弱でTeamの保証は10年です。

世の中的には200GBとか256GBとかも出始めていますが、まだまだ高いです。

なお、eBayなどで128GBとか256GBのmicroSDXCが格安で売られていたりしますが、偽物が多いので注意してください。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

News >その他

「君の名は」DVD・Blue-ray発売開始、動画配信も26日からスタート

やっとという感じ。これで好きなだけ見ることができます。

back to top