Withings Activiteのベルトを金属メッシュタイプに交換してみた

2015.4.21 (更新日:2015.04.22)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大分暑くなってきて、汗ばむ季節となりました。毎日というか、お風呂に入る時以外はつけっ放しにしているWithings Activiteも革ベルトだと汗を吸ってボロボロになってしまいそうなので、メタルバンドに交換してみます。

広告

ベルト幅は18mm 市販の交換ベルトが使えます

Withings Activiteのバンド幅は18mm。市販のベルトと交換可能です。今回使ったバンドは、ステンレスメッシュのものでAmazonで一番安かった奴です。バネ棒2本と工具付きで1890円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともと付いているベルトはスライド摘みがついたバネ棒なので工具なしで取り外しが可能です。反面、もとから付いているバネ棒を他のベルトで再利用できないので、交換ベルトを購入する際はバネ棒も忘れずに。

交換は1~2分程度で終わります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなわけでセット完了。このベルト、上下がわかりにくいのですが、基本的にどんなベルトも短いのが上(時計の12時側)です。

withings activite

なかなかよい雰囲気です。ただ、ちょっとベルトが重いかなぁ。もう少し軽いベルトを探したいところですが、しばらくはこれで使ってみます。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

back to top